大麻の濃縮物?ライブレジンとは何ですか?

ホーム / ブログ / エディブル / 大麻の濃縮物?ライブレジンとは何ですか?

大麻の濃縮物?ライブレジンとは何ですか?

目次

    大麻コミュニティでは、新しい特別なBHOの形が登場しています。
    ライブレジン(ロジン)として知られている、この非常に芳香性の高い濃縮物は愛好家のお気に入りになりつつありますが、それはなぜなのでしょうか?

    技術の発展は、現代の大麻栽培において非常に重要な役割を果たしています。

    栽培用ライトは効率的になりつつあり、革新的な受精対策は収量の最適化に役立ち、育種業者は個々のニーズに合わせて特別に調整された系統を作成するために優れた仕事をしています。

    濃縮物の生産方法も、科学技術の進歩の恩恵を受けています。

    大麻とその特性についての理解が深まるにつれ、私たちの芽を最大限に活用するための新しい興味深い方法が発見されています。
    この記事では、濃縮物のような新しい、興味深い形についての情報を提供します。

    ライブレジン、テルペン、ハイテク

    大麻の所望の成分を抽出するには、いくつかの異なる方法があります。
    濃縮物に関しては、ブタンハッシュオイル(BHO)が最も一般的な形態です。

    ライブレジンは、実際にはBHOの一形態ですが、より強力で純粋なフレーバーを維持することに焦点を当てた目利き用のグレードです。
    BHOの製造工程は比較的簡単ですが、ライブレジンの製造はもっと複雑です。

    ライブレジンはBHOと非常に似た方法で生産されますが、乾燥させて硬化させた芽ではなく、新鮮な瞬間凍結した芽を使用します。

    新鮮な大麻の花や乾燥していない大麻の花を極低温で凍結させることで、より広範囲のカンナビノイドやテルペンを抽出することができますが、非常に専門的な機器が必要です。

    ライブレジンの優れたフレーバープロファイル

    ほとんどの家庭栽培者は、乾燥とキュアリングの重要性を知っています。
    香りの良い商品は、時間をかけてゆっくりと発展させていかなければなりません。
    高品質の大麻の生産は、良質のワインやチーズの生産に似ています。
    熟成工程は、最終製品の香りと味に非常に重要です。

    硬化プロセスが完全に管理されている場合でも、テルペンとしても知られているエッセンシャルオイルの最大55〜60%が失われる可能性があります。

    ライブレジンを生産するための投入要素として収穫したての芽を取り、すぐに瞬間冷凍することにより、テルペンとカンナビノイドは分解される機会がなくなります。
    これは、通常、乾燥および硬化した芽を最初に使用する他の形態の濃縮物との最大の違いです。

    技術的な観点から言えば、ライブレジンはBHOの一形態であり、芽をブタンにさらすことで製造されます。
    ライブレジンは、CO2抽出によっても製造することができます。
    抽出後、低温の真空オーブンで数時間かけて不純物を取り除きます。

    ライブレジンはテルペンを多く含むため、サッパリとしたリキッドのような質感を持っています。
    ライブレジンは、BHO製品のような安定感はないと言えるかもしれません。
    しかし、香りと味は他の形態の濃縮物よりもはるかに優れています。
    これは、数グラムのライブレジンが、収穫したての植物からのアロマの全範囲を捉えることができるときに、ある意味で論理的です。

    ライブレジンのデメリット

    ライブレジンの欠点はほとんどありません 純粋な風味は、本当に最高級のものになります。

    しかし、前述したように、ライブレジンの製造工程はかなり複雑で、実験装置が必要です。
    極低温凍結では、液体窒素を使用し、温度は-196℃と低くなります。
    ガレージや地下室で液体窒素を使った実験をするのは、明らかにリスクがあります。
    ライブレジンの生産は、より良い機器と研究室へのアクセス権を持っている専門家に適しています。

    ライブレジンを生産するプロセスは、かなり時間がかかり複雑であるため、消費者にとっては比較的高い価格が伴うことがよくあります。
    ライブレジンのコストが高いのは、その高い効力にも関係しています。
    濃縮物の経験がほとんどない、または全くない大麻ユーザーは注意が必要です。
    ライブレジンのTHC値は65~95%の間で変化し、医療ユーザーや娯楽のダブに最適な濃縮物となっています。

    ライブレジンと他の濃縮物の潜在的なメリット

    ライブレジンは、1回の吸入で、大量のTHC、および他のカンナビノイドを摂取できます。
    このようにして、喫煙による健康への悪影響を減少させることができます。
    これは、慢性的な痛みや吐き気のために大麻を使用している患者にとって非常に有益です。

    この強力な効果はまた、化学療法の副作用、てんかん、片頭痛などの他の病状を緩和するために大麻を使用している人々にも影響を与える可能性があります。

    これに加えて、科学的な研究では、テルペンがアロマやフレーバーだけでなく、カンナビノイドと協力して所望の薬効を提供するという方向性が指摘されています。
    これは、ライブレジンを将来の重要な濃縮物にする可能性があります。

    ヨーロッパでライブレジンを見つけることは、薬用および娯楽用の大麻ユーザーにとって厳しい課題となるでしょう。

    残念ながら、大麻ベースの濃縮物を生産するための法的枠組みはありません。

    そのため、企業や投資家が薬用大麻の世界的な開発に参加することは困難です。
    ライブレジンが発見された場合は、違法に生産されたものであり、希少で高価な商品となっています。

    重病患者が健康問題を治療するために、政府がこの植物を使用することを合法と決めた国に移住しなければならないというのは、21世紀の悲しい現実のようです。

    ブログの感想、種子のお問い合わせは

    ウィッカーID
    cannabisdnalabs
    *ウィッカーのダウンロード、使い方はこちら
    https://cd-labs.com/security/wickr-me/

    Twitter
    フォローお願いします
    https://twitter.com/cdl420420

    大麻栽培youtubeチャンネル
    チャンネル登録よろしくお願い致します
    https://www.youtube.com/channel/UCmvMrMJQCdY88-smrNIFpBQ

    取扱いブランド