米国における大麻合法化の影響

ホーム / ブログ / 大麻について / 米国における大麻合法化の影響

米国における大麻合法化の影響

目次

    ※日本国内での大麻所持、使用は法律で禁止されております。

    米国の一部の地域、コロラド州とワシントン州が2013年に最初に合法大麻を導入して以来、多くの変化がありました。

    連邦レベルでは依然として違法ですが、それ以来、さらに多くの州で娯楽用および医療用大麻が許可されています。

    過去7年間で、米国での大麻合法化はどこまで進んだのでしょうか。

    コロラド州とワシントン州が大麻を合法化すると発表した、あの日を境に一部の国を除き、多くの変化が世界中でおきました。

    米国での大麻の合法化、それがどのように進んで行ったのか、そして今後、どのような作業を行う必要があるかを詳しく見てみましょう。

    米国の大麻合法化した州

    合計11のアメリカの州が、娯楽用大麻と医療用大麻の両方を合法化しました。

    アラスカ
    カリフォルニア
    イリノイ
    コロラド
    マサチューセッツ
    ミシガン
    メイン
    ネバダ
    オレゴン
    バーモント
    ワシントン

    さらに22の州が医療大麻のみを合法化しています。

    アリゾナ
    アーカンソー
    コネチカット
    デラウェア
    フロリダ
    ハワイ
    ルイジアナ
    メリーランド
    ミネソタ
    ミズーリ
    モンタナ
    ニューハンプシャー
    ニュージャージー
    ニューメキシコ
    ニューヨーク
    ノースダコタ
    オハイオ
    オクラホマ
    ペンシルベニア
    ロードアイランド
    ユタ
    ウェスト
    バージニア

    レクリエーション大麻と医療大麻の違いは何か

    これらの最初の11州では、21歳以上のすべての成人がレクリエーション大麻を使用できます。
    一方、医療大麻は、特定の問題を治療するために大麻を使用する患者のみが利用できます。

    医療用マリファナの適格条件は、州ごとに大きく異なります。
    多くの州でレクリエーションと医療大麻のユーザーの購入に至るまでのプロセスが異なります。

    コロラドでは、診療所は医療カウンターと娯楽カウンターに分かれており、娯楽ユーザーは診療所の娯楽側からのみ、医療患者は両方のカウンターから購入できます。

    一部の州では、量と個人栽培の制限もレクリエーションと医療のユーザー間で異なります。
    たとえばネバダ州では、レクリエーションユーザーは一度に1オンスの大麻を購入して最大6株の大麻を育てることができます。

    医療患者は、ニーズに応じて、一度に2.5オンスを購入し、12本の植物まで成長することができます。

    一部の州では特定の疾病を持つ未成年者が大麻製品にアクセス出来る法律もあります。
    コロラド州では、21歳未満であっても2人の医師の勧めにより、医療専用の薬局から大麻を購入できます。

    娯楽用と医療用の大麻の効力に違いはあるのか?

    医療用および娯楽用の大麻製品は、どちらも同じ濃度のカンナビノイドとテルペンをんでいます。
    医療用と娯楽用の大麻の唯一の違いは、育てる部屋です。
    コロラドの栽培家は、健康目的のために医療用と娯楽用の大麻のために別々の栽培室を設ける必要があります。

    大麻ユーザーが米国に目を向けるのはなぜか?

    世界中の多くの大麻ユーザーにとって、コロラド、カリフォルニア、アラスカなどの州に住むことは楽園のように聞こえます。

    なぜ大麻を合法化するための米国のアプローチが大麻コミュニティによってそれほど高く評価されているのか。

    それはすべて数字(エビデンス)に由来するかもしれません。
    過去7年間で、米国は大麻の世界最大の消費者市場を構築してきました。

    2013年に全国的に大麻を合法化したが、まだ大麻のための強力な産業を開発していないウルグアイとは異なり、大麻は米国では数十億ドルの価値があります。

    現在、ウルグアイ人は薬局から少量の大麻バッズを購入したり、リラックスできる大麻クラブに行ったり、自宅で自分の大麻を栽培したりすることができます。

    対照的に、アメリカ人はブティックの薬局に足を踏み入れ、ハーブに数千ドルを使い、超強力な濃縮物、アークペン、30%以上のTHCを含むプレミアムフラワー、注入された化粧品、食用などが手に入りす。

    カナダの大麻市場でさえ、米国と比較することはできません。
    新しい見積もりによると、2018年に全国的に大麻を合法化したカナダの大麻産業は2021年までに50億ドルの価値になると言われてます。
    米国の大麻市場が2020年には150億ドルと予想されてます。
    ですが、連邦政府は違法のままです。

    米国の市場を考えると、合法的な州が大麻の栽培、処理、消費の方法を革新したのは当然のことです。

    あなたが生産者であろうと消費者であろうと、インスピレーションと革新のために米国よりも優れた参考資料を見つけるのは難しいです。

    カリフォルニアでは、大麻栽培者は1996年から製品を開発しており、多くの人が西海岸を大麻文化の中心地と見なしています。

    米国は世界で最も強力で影響力のある国の1つであることも忘れてはなりません。
    したがって、合法化に関して、世界中の政府が米国に何をすべきか(そして何をすべきでないか)についてのアイデアを求めているのも不思議ではありません。

    米国の合法化は世界の他の地域にどのような影響を与えたのか

    2012年にウルグアイが大麻を合法化することを決定した後、コロラド州とワシントン州も、合法で規制された大麻市場の創設に取り組むことを決定しました。

    オバマ政権は、州の決定を無効にするために連邦法を使用することに反対し、州に自ら決定する機会を与えました。

    米国の多大な世界的影響力を考えると、コロラド州とワシントン州での合法化が世界の他の地域に影響を与えたことは言うまでもありません。

    ほんの数年後、カナダも合法化に賛成票を投じました。
    オーストラリアはまた、大麻の取り扱い、全国的な医療使用の合法化、オーストラリア首都特別地域での娯楽使用へのアプローチをわずかに変更しました。

    世界最大の大麻生産国の1つであるメキシコも、大麻の使用を禁止する法律は違憲であると最高裁判所の判決が下された後、2018年から合法化について議論しています。
    国はまだ正式に合法化されていませんが、その議員たちは、THCの内容に関係なく、医療、娯楽、および産業の目的で大麻を合法化する可能性のある法案について話し合っています。

    1億3000万人の人口を抱えるメキシコの大麻市場は、世界最大の市場の1つに成長する可能性があります。

    (メキシコ上院は2020/11/19に賛成多数で法案を可決。下院で承認されれば国家としてはウルグアイ、カナダに続き3カ国目の合法化となり、「世界最大規模の大麻市場」(欧米メディア)が誕生しました。)

    米国での合法化に続いて大麻への対処方法を変更し始めた他の国には、次のものがあります。

    英国
    医療大麻を処方するために医師を合法化

    韓国
    薬用も(ある程度)合法化

    アフリカ諸国(レソト)
    2018年に医療大麻の栽培を合法化

    レバノン
    医療大麻の栽培も合法化

    米国連邦政府は大麻を合法化するか

    ますます多くの州が合法化の時流に乗るにつれて、米国が連邦レベルで大麻を合法化するために移行するのはいつかという疑問を投げかけています。

    合法化が論理的な一歩のように思える時期があったとしたら、それは今です。

    大麻は2020年前半に不可欠な産業であることが証明されました。COVID-19が無数の産業を停滞させたため、米国での大麻の売上高は過去最高を記録しました。

    連邦の合法化は、この新進産業の成長を制限する多くのレールヘッドに最終的に終止符を打つでしょう。

    銀行の制限:

    大麻の連邦合法化は、何千もの大麻企業が最終的に資金調達、安全な銀行業務、および上場取引所にアクセスできるようになることを意味します。

    国内および国際商取引法:

    大麻は連邦政府によって違法であるため、その取引は合法的な州のみに限定されています。

    課税:

    現在、合法的な州には大麻税を扱う独自の方法があり、一部の州は他の州よりもはるかに優れた仕事をしています。

    大麻に関しては、連邦レベルで少なくともある程度の進展が見られます。
    2019年、議会は安全で公正な執行銀行法を可決しました。
    これは、合法的な大麻事業に従事する金融およびその他のサービスプロバイダーの保護を確立するのに役立ちました。

    また、合法化は、民主党と共和党の両方の政党の間でよく行われています。
    これは、今日の政治情勢では非常にまれなことです。

    連邦の合法化に最も近いですが、この長年の夢を実現するために行う必要のある政治的作業が、まだたくさんあることを認識することが重要です。

    それがどのように行われたとしても、適切な規制、保障措置、課税、資金調達、および資金調達を備えた規制された大麻産業の創出には時間がかかります。

    合法化への米国のアプローチの欠点

    米国のすべての州には、娯楽用および医療用大麻を扱う独自の方法があります。
    今日まで大麻を合法化および規制するための完璧な方法を見つけた州はありません。
    大麻合法化への米国のアプローチの欠点のいくつかはここにあります。

    原価管理

    コロラド州は2017年に15億ドル以上の大麻税を現金化しました。
    しかし、州はそのお金の70%以上を規制、ライセンス、および管理のコストの抑制に費やしました。

    合法的な大麻が数十億ドルの収入を生み出す可能性があるのは事実ですが、実行するのにも費用がかかります。

    州は、これらのコストを最小限に抑え、より多くの収入を促進するのに役立つ課税、ライセンス、または規制モデルの恩恵を受ける可能性があります。

    公衆衛生上の懸念

    大麻はロナルド・レーガンが考えたほど危険ではないことは分かっていますが、完全に安全というわけでもありません。

    たとえば、大麻の喫煙は、タバコの喫煙と同じ健康問題の多くに関連しています。
    それは、両方が煙を吸い込むことを伴うからです。
    高抽出物の気化についても健康上の懸念があります。
    一部の州では、マリファナを合法化した後、薬物センターへの電話が急増した事が報告されています。
    それは主に子供が誤ってマリファナを摂取したことが原因です。

    大麻の合法化を検討している州や国は、これらの公衆衛生上の懸念を緩和する方法を見つける必要があります。

    大麻消費の増加

    大麻を消費する人々の量が合法化後に増加した証拠があります。
    コロラド州では、18〜34歳の大麻使用量が2016年から2017年にかけて9%以上増加しました。

    これは、コロラド州での大麻製品のマーケティングに関する規制が緩いためである可能性があります。
    対照的に、カナダでは、合法化以来、大麻消費の増加ははるかに少ない。

    これは、大麻製品の販売方法と販売方法に対するより厳格なアプローチが原因である可能性があります。

    医療大麻への一貫性のないアプローチ

    医療大麻法は州ごとに大きく異なります。
    たとえば、カリフォルニアは過去に医療用マリファナカードを簡単に入手できないと批判されてきました。

    一方、ニューヨークは患者が医療用大麻にアクセスするのを難しくしていると言われています。

    合法的な州は明らかに大麻が違法のままである州よりも進んでいますが、これらの州の多くは、医療用マリファナプログラムの安全性とアクセス可能性に関してまだ道を進んでいます。

    さらに詳しい情報が必要な場合は、Americans for Safe Access 2019 State of Statesレポートで、長所と短所など、全国のさまざまな医療プログラムに関する詳細な洞察を提供しています。

    大麻の有罪判決をクリアできない

    大麻を合法化した州は現在、大麻関連の有罪判決を受けた囚人にどう対処するかという課題に直面しています。

    カリフォルニア州は、大麻の罪で投獄された人々を釈放し、有罪判決を取り下げたことで称賛されてきましたが、他の州はそれに追随していません。

    大麻の合法化を検討している政府にとって、過去のマリファナ犯罪者の扱いは非常に重要な考慮事項です。
    歴史的に、米国はささいな大麻犯罪のために有色人種、特に若い黒人男性をすぐに投獄してきました。

    結果として、活況を呈している主流の大麻産業とマリファナの有罪判決の暗い過去との間の二分法は無視するのは難しいです。

    米国の大麻産業の未来

    大麻の合法化は非常に複雑です。
    そして、米国はこの分野で注目を集めているかもしれませんが、十分に規制された信頼できる産業を構築するにはまだ長い道のりがあります。

    法律は、何よりも、患者とレクリエーション利用者を保護する必要があります。

    それにも関わらず、連邦政府は合法化をめぐりますが、米国はこれまで以上に全国的な大麻産業を支援することに近づいています。

    ブログの感想、種子のお問い合わせは

    ウィッカーID
    cannabisdnalabs
    *ウィッカーのダウンロード、使い方はこちら
    https://cd-labs.com/security/wickr-me/

    Twitter
    フォローお願いします
    https://twitter.com/cdl420420

    大麻栽培youtubeチャンネル
    チャンネル登録よろしくお願い致します
    https://www.youtube.com/channel/UCmvMrMJQCdY88-smrNIFpBQ

    取扱いブランド