大麻を気化させるための理想的な温度

ホーム / ブログ / CBD / 大麻を気化させるための理想的な温度

大麻を気化させるための理想的な温度

目次
    大麻を燃やす温度で効果が変わる?ヴェポライザーとベイピング温度表 | 医療用大麻|メディカルリーフ

    温度設定により、ユーザーは大麻の気化吸引体験をより細かく制御できます。
    温度が高いほど効果が強くなり、温度が低いほど穏やかで機能的な効果が得られます。

    あなたのハイを制御するためにvaping温度を使用する方法を学びます。

    電子タバコのように蒸気で吸う大麻は人気が爆発しました。
    紙巻きで喫煙に代わるこの現代的な選択肢は、潜在的でより健康的な選択肢として注目を集めています。

    燃焼と発がん性物質を抑えることで蒸気を吸いやすくします。
    さらに、低温は各品種の複雑な風味を維持するのに役立ちます。
    対照的に、喫煙はハーブを激しく高温にさらします。
    バッズを基本的なフリントとスチールライターで燃焼するもしくはブロートーチでも、どちらにせよ燃やすことに変わりはありません。

    最新の気化技術により、大麻愛好家はさまざまな温度でバッズを吸うことができます。
    このレベルの制御により、蒸気を吸いやすくなるだけでなく、ユーザーはヒットをカスタマイズできます。
    この画期的なイノベーションは、人々が大麻を楽しむ方法を変え、特定の分子、味、効果をターゲットにすることができるようになります。

    大麻にとって気化器の温度が重要な理由

    大麻は有機化学工場のようなものです。
    その花は、毛状突起と呼ばれる小さなキノコ型の副産物を生成します。
    これらの小さな構造は、向精神薬や薬用分子を含んだ樹脂を送り出します。
    このレパートリーの中には、100を超えるカンナビノイド、100を超えるテルペン、および多数のフラボノイドがあります。
    大麻のユーザーは気化温度を変更することで、各ヒットの特定の分子の濃度を最適化できます。

    すべての栽培品種には、さまざまなレベルのカンナビノイドとテルペンが含まれています。
    最も一般的なカンナビノイドの1つであるTHCは、向精神薬の高い治療品質の長いリストを提供します。
    対照的に、CBDは向精神効果のない強力な医療品質を提供します。
    最新の菌株のほとんどは、高レベルのTHCを提供します。

    しかし、ブリーダーは最近、高レベルのCBDを含む菌株、または2つのカンナビノイドの比率が1:1の菌株を開発しました。

    科学は他の主要なカンナビノイドとマイナーなカンナビノイドにもっと注意を払い始めています。
    研究により、CBG(カンナビゲロール)が鎮痛効果と抗炎症効果をもたらすことがすでに確認されています。
    THCV(テトラヒドロカンナビバリン)は、THCの影響を抑えるのに役立ち、痛みや炎症と戦う可能性があります。
    CBC(カンナビクロメン)は、腫れを軽減し、哺乳類の脳細胞を保護するようです。
    これは氷山の一角にすぎません!科学が進歩するにつれて、より多くのデータが確実に表面化し始めます。

    大麻の沸点温度

    • THC-A(105ºC/221ºF)
    • B-カリオフィレン(119°C / 246°F)
    • CBD-A(120ºC/248ºF)
    • B-シトステロール(134°C / 273°F)
    • A-ピネン(156°C / 312°F)
    • THC(157°C / 314°F)
    • CBD(160–180°C / 320–356°F)
    • B-ミルセン(166–168°C / 330–334°F)
    • A8 THC(175–178°/ 347–352°F)
    • シネオール(176°C / 348°F)
    • リモネン(177°C / 350°F)
    • P-シメン(177°C / 350°F)
    • アピゲニン(178°C / 352°F)
    • カンナフラビン-A(182°C / 356°F)
    • CBN(185°C / 365°F)
    • リナロール(198°C / 388°F)
    • フムレン(198ºC/388ºF)
    • ベンゼン(205–365°C / 401–689°F)
    • テルピネオール(218°C / 424°F)
    • CBC(220ºC/428ºF)
    • THCV(220°C / 428°F)
    • プレゴン(224°C / 435°F)
    • 燃焼(232ºC/450ºF)
    • ケルセチン(250°C / 482°F)

    そして、テルペンを忘れないでください。
    これらの芳香族分子は、植物界全体に見られます。
    テルペンは、各大麻栽培品種の特徴的な香りと味を提供しますが、その機能は感覚的な喜びのみに限定されません。
    これらの分子は多くの治療効果を提供し、カンナビノイドと相乗作用して、より顕著な薬効を生み出すとさえ信じられています。
    ミルセンは、すべての大麻栽培品種の中で最も豊富なテルペンの1つです。
    この化学物質は、土っぽさとクローブの味を提供し、リラックス効果と鎮静効果で知られています。

    ミルセンは、CBDの抗炎症作用とTHCの筋弛緩作用を高めます。

    カリオフィレンは、大麻の花に含まれるもう1つの主要なテルペンであり、コショウやスパイスの風味がします。
    「食事性カンナビノイド」としても認識されているテルペンは、内在性カンナビノイドシステムのCB2受容体に結合することにより、抗炎症作用を生み出すことができます。

    大麻使用者は、カンナビノイドとテルペンの濃度に基づいて菌株を選択することがよくあります。
    レクリエーションユーザーは、最大の向精神効果を得るために高THC株を選択することができます。
    彼らはまた、鎮静作用の高いものを確保するために、ミルセンの高い品種を探すかもし​​れません。
    比較すると、医療ユーザーは、抗炎症効果を高めるために優れたカリオフィレンプロファイルを備えたCBDの高い菌株を選ぶかもしれません。

    ユーザーは、蒸気を吸う温度を変えることで、希望する成分を最大限に摂取できるようになります。
    さらに温度設定をいじってみると、各ヒットがより快適になります。

    ユーザーは、必要な分子をすべて取得しながら、デバイスを低温に設定できます。
    これにより、カンナビノイドがロードされたスムーズなヒットが可能になり、喉や肺への刺激も少なくなります。
    以下では、温度設定を使用して特定の大麻化学物質をゼロにする方法について説明します。

    カンナビノイドとテルペンの気化に関する科学

    すべての分子には特定の沸点があります。
    特定の温度にさらされると、テルペンとカンナビノイドは蒸気に変わります。
    ただし、これらの沸点は成分によって異なります。
    実際、多くのカンナビノイドとテルペンの沸点はまだ確認されていません。
    大麻における科学はまだ初期段階にあります—何十年にもわたる禁止・違法のおかげです。
    どの分子がどの温度で蒸発するかに関して、相反する情報がたくさんあります。
    いくつかの大まかなガイドラインと、一見信頼できると思われるガイドがいくつかあります。
    ただし、現時点では、主に試行錯誤の段階です。
    大麻ユーザーは、さまざまな菌株と温度範囲を試して、自分に最適な結果を見つける必要があります。

    気化器の温度でTHCとCBDを分離する

    いくつかの大麻分子は非常に類似した沸点を持っています。

    たとえば、THCは157°C/314.6°Fの沸点で蒸発します。
    CBDは160–180°C / 320–356°Fのわずかに高い温度範囲で蒸発します。

    気化中にこれらの分子を分離することは可能ですか?信じられないほど正確な温度調整が必要で、可能性は低いです。

    さらに、THCはCBDの沸点に達する前に蒸発します。
    かなりのレベルのTHCまたはCBDを探している場合は、どちらかのカンナビノイドが多い株から始めるのが最善です。

    大麻を気化させるための理想的な温度ブラケット

    大麻ユーザーは、さまざまな温度範囲でさまざまな向精神効果を期待できます。
    もちろん、これは菌株や個体によって異なります。以下は、各温度ブラケットによって生成される効果の大まかな概要です。

    低:119–159°C / 246–318°F

    この温度範囲内で蒸気を吸うとTHCが解放されます。
    このブラケットはまた、心地よい味と治療効果を追加する多数のテルペンを対象としています。
    主な標的分子を見てみましょう。

    カリオフィレン:119°C / 246°F

    カリオフィレンは、ほとんどの大麻株の中で優勢なテルペンです。
    この分子は、黒コショウなどの食物内に存在し、CB2受容体に作用するため、食事性カンナビノイドとも呼ばれます。
    カリオフィレンは、炎症を軽減することで痛みの管理に役立つ可能性があります。

    β-シトステロール:134°C / 273°F

    β-シトステロールは、大麻に含まれるいくつかのフラボノイドの1つです。
    分子は抗炎症の効果

    α-ピネン:156°C / 312°F

    α-ピネンは、この温度ブラケットに松とローズマリーのおいしい味を追加します。
    テルペンは抗不安効果に関連しており、短期記憶障害などのTHCの悪影響を防ぐのに役立つ可能性があります。
    α-ピネンはTHCと相乗作用して、肺への気流を増加させる可能性もあります。

    THC:157°C / 314°F

    THCは大麻の主要な向精神薬成分です。
    カンナビノイドは血液脳関門を通過し、中枢神経系のCB1受容体を活性化します。
    THCはニューロンの発火パターンを変化させ、神経伝達物質ドーパミンの急激な上昇を触媒します。
    これは、陶酔感、幸福、笑い声、そして食欲増進をもたらします。
    高レベルのTHCは、一部のユーザーに不安を引き起こす深刻な変性意識状態を引き起こす可能性があります。

    CBD:160–180°C / 320–356°F

    CBDはリラックス効果と落ち着き効果をもたらしますが、THCと同じ意味で向精神薬ではありません。
    あなたをハイにすることはできません。
    代わりに、CBDは一時的にCB1受容体をブロックすることによってTHCの効果のいくつかを打ち消すことが知られています。
    CBDはまた、炎症を軽減し、抗酸化作用と神経保護作用を与えるために、他の多くの分子経路を介して作用すると考えられています。

    低/中:160–180°C / 320–392°F

    この温度範囲内で蒸気を吸うと、非常に興味深い分子がパーティーに招待されます。
    高CBDの花を吸う場合、これは主要なテルペンと一緒に分子を放出するのに最適な範囲です。
    高THCの花を吸う場合は、この温度でより多くのテルペンを放出します。

    ミルセン:166–168°C / 330–334°F

    ミルセンは大麻の中で最も一般的なテルペンであり、この温度範囲内で利用できるようになります。
    分子は土っぽさ、ブドウ、そしてスパイスの味を提供します。
    ミルセンはわずかに鎮静効果を発揮し、ほとんどのインディカ栽培品種のリラックス特性の背後にある化学物質です。

    Δ8-THC:175–178°/ 347–352°F

    Δ8-THCは、この温度ブラケットに微妙な向精神薬の効果を追加します。
    これはTHCの類似体であり、CB1受容体に結合して、抗悪心、抗不安、食欲刺激、鎮痛、および神経保護効果をもたらします。
    ただし、Δ8-THCは大麻でごく少量しか発生しません。
    さらに、それはより一般的な対応物よりも向精神薬の効力が低い。

    シネオール:176°C / 348°F

    シネオールは魅力的なテルペンです。
    ユーカリの主成分の1つですが、現代の大麻株では非常にまれです。
    テルペンは実証されています[4]抗ウイルス、鎮痛、抗真菌、抗生物質、および抗炎症効果。シネオールはまた、脳の血流を増加させます。

    リモネン:177°C / 350°F

    リモネンは大麻の蒸気に柑橘系の香りを吹き込みます。
    この分子はTHCの効果をより大脳的で陶酔的にします。
    動物実験において、リモネンは、不安を軽減し、前頭前野のセロトニンレベル、および海馬のドーパミンレベルを高めました。

    p-シメン:177°C / 350°F

    p-シメンはクミンとタイムに含まれています。
    甘くて柑橘系の香りに寄与し、動物実験で鎮静効果を示すことが示されています。

    アピゲニン:178°C / 352°F

    アピゲニンは、大麻植物に含まれるもう1つのフラボノイドです。
    この分子は抗不安効果を発揮し、カモミールの花に見られる重要な抗不安薬です。
    印象的なことに、それはベンゾジアゼピンと同じ受容体に作用しますが、健忘症や鎮静の副作用を引き起こしません。

    中/高:181–200°C / 357–392°F

    この温度範囲は、大麻蒸気にさらなる治療特性を追加します。
    特定のカンナビノイドを追加すると、鎮静作用とリラックス効果も得られます。

    カンナフラビンA:182°C / 356°F

    カンナフラビンAは、大麻の葉に大量に含まれるフラボノイドです。この分子は印象的な抗炎症作用を持っています。

    CBN:185°C / 365°F

    CBN(カンナビノール)は、大麻から分離された最初のカンナビノイドでした。
    他のカンナビノイドとは異なり、それは酵素反応によって植物で作られていません。
    代わりに、CBNはTHCの分解から生じます。
    CBNは、抗炎症効果とともに、鎮静の要素を高値に追加します。
    CBNはまた、抗けいれん薬として有望であり、乾癬の症状を軽減する可能性があります。

    リナロール:198°C / 388°F

    リナロールは、ラベンダーと柑橘類のヒントで、多くの大麻栽培品種に強力な花の香りを追加します。
    テルペンは、大麻の潜在的な治療特性のいくつかに関与しています。この分子は、抗うつ、抗不安、免疫増強の特性を備えており、いくつかの免疫機能を直接強化します。

    高:201°C + / 393°F +

    これは、温度スペクトルの上限です。
    ここでは、さらに有益なカンナビノイドとテルペンが蒸発します。
    しかし、議論は熱くなり始めています。

    これは、vapingが喫煙のようになり、いくつかの有害な分子がガスに変わる場所です。
    この温度範囲は、大麻の花の中にあるすべての有益な化合物を放出すると考えられていますが、最適な気化と有害な化学物質の放出の間の微妙なバランスです。

    ベンゼン:205–365°C / 401–689°F

    残念ながら、この温度ブラケットの有益な分子は、ベンゼンのヒットを伴います。
    この発がん物質は、多くの大麻使用者が喫煙をやめている理由の1つです。
    ベンゼンの沸点は80°Cですが、一部のVapeモデルは200°Cの温度まで化学物質を除去することが証明されています。
    これまでのところ、大麻消費におけるベンゼンの気化点の確認された数値はありません。
    いくつかの報告は、その数が365°Cに達する可能性があることを示唆しています。

    テルピネオール:218°C / 424°F

    テルピネオールはライラックの微妙な香りを提供し、香水や化粧品によく見られます。
    テルペンは、抗マラリア、抗生物質、抗酸化、鎮静作用など、複数の治療効果を示しています。

    THCV:220°C / 428°F

    THCV(テトラヒドロカンナビバリン)は高温で蒸発します。
    このカンナビノイドはTHCの類似体であり、低濃度で発生します。
    しかし、カンナビノイドを多く含む品種は存在します。
    THCVは、CB1受容体を活性化および遮断する働きをします。
    カンナビノイドは抗けいれん薬に関連している特性であり、痛みや炎症と戦う能力を示しています。
    THCVはまた、体重減少と脂肪代謝を助ける可能性があります。

    プレゴン:224°C / 435°F

    プレゴンはペパーミントと樟脳の心地よい香りを放ちます。
    これらの温度に加熱することは、このテルペンにアクセスする価値があるかもしれません。
    この分子は、記憶力を高め、鎮静作用を発揮します。
    いくつかの証拠はまた、プレゴンが熱と戦うことができることを示唆しています。

    ケルセチン:250°C / 482°F

    ケルセチンは、抗酸化物質の効力を持つ大麻フラボノイドです。
    これはビタミンCに匹敵します。この分子は抗ウイルス作用と抗腫瘍作用も持っています。

    理想的な気化器の温度を見つけるためのヒント

    最適な気化温度の特定は、人によって、また株によって異なります。それは主に望ましい結果に依存します。
    主にTHCを求めている嗜好品ユーザーは、温度を中程度に保つことができます。
    医療ユーザーは、発がん性物質を回避するのに十分な低さを保ちながら、より多くの分子にアクセスするために温度を上げることを望むかもしれません。
    ここにあなたのための正しい温度範囲を見つけるためのいくつかの重要なヒントがあります

    購入する前にVapeを調べてください

    すべての気化器がすべての温度範囲を変更することができるわけではありません。
    特定の温度をターゲットにする必要がある場合は、それを可能にするVapeを購入する必要があります。
    適切なモデルを選択するのに役立つヒントをいくつか紹介します。

    ただハイになりたいですか?

    その場合は、肺の負担を軽減し、温度を最大170°Cに保つことができます。
    あなたは精神活性分子のほとんどを蒸発させ、おいしいテルペンにアクセスします。
    いくつかのCBDを見逃しているかもしれませんが、高THCの品種を吸っているならCBDはあまり含まれません。

    希望する成分の沸点よりも約10°C高い温度を目指します。
    すべてのVapeが正確であるとは限りません。
    ターゲット分子の気化を確実にする必要があります。

    フルスペクトルヒットには熱が必要です

    上記の情報からおそらく収集したように、効果を最大限に活用するにはかなりの熱が必要です。
    テルプとカンナビノイドの配列を探している医療ユーザーの場合は、約220°Cの温度に達する必要があります。

    THCを蒸発させずにCBDにアクセスすることはできません

    あなたが1:1の株を吸うなら、あなたはCBDの追求で高くなるでしょう。
    これは、THCよりも沸点が高いためです。
    焼き上げずにCBDを吸う場合は、高CBDの品種から始める必要があります。

    気化したバッズをどうするか?

    たぶん、Vapeセッションの後にまだいくつかの残留カンナビノイドが残っています。
    あなたのつぼみは茶色く、食欲をそそらないように見えますが、まだ役に立ちます。
    捨てないで下さい!もう一度燃焼することができます。エディブルやオイルを作るためにそれを使用してください。
    大麻はただ嗜好品としてvapeする唯一のハーブではありません。
    または何か別のものを試したい場合、たくさんの合法的なハーブがあります。
    すべて素晴らしい味で、独特の効果を提供します。

    ブログの感想、種子のお問い合わせは

    ウィッカーID
    cannabisdnalabs
    *ウィッカーのダウンロード、使い方はこちら
    https://cd-labs.com/security/wickr-me/

    Twitter
    フォローお願いします
    https://twitter.com/cdl420420

    大麻栽培youtubeチャンネル
    チャンネル登録よろしくお願い致します
    https://www.youtube.com/channel/UCmvMrMJQCdY88-smrNIFpBQ

    取扱いブランド