収穫した大麻を乾燥や硬化中(キュア)にカビさせない方法

ホーム / ブログ / 大麻について / 収穫した大麻を乾燥や硬化中(キュア)にカビさせない方法

収穫した大麻を乾燥や硬化中(キュア)にカビさせない方法

目次

    収穫時期は最もエキサイティングな時間です。
    大麻の乾燥、キュア、保管中と三つのプロセスの中で発生し得るカビを防ぎ、安全に大麻を楽しむ方法を紹介します。

    小さなカビの胞子は注意しないと栽培してきた労力を台無しにする可能性があります。
    収穫後に警戒を怠らないでください。
    全てのプロセスの最終段階でカビから大麻を保護しよう。

    大麻にカビが生える理由は何か?

    大麻のバッズに運悪く発生してしまうカビは栽培者によって通称「芽腐れ」と呼ばれ、ブドウ、イチゴ、トマト、その他の果物や野菜でも増殖する壊死性真菌であるボトリチスシネレアによって引き起こされます。

    ボトリチスは、暖かく湿度の高い気候で繁殖し、死んだ物質を食べながら植物や果物の生きた細胞を攻撃します。

    それは生きている大麻植物または収穫された花や茎の内部から発達し、ゆっくりと外側に成長するので早期に見つけるのは困難です。

    芽の表面に灰色カビ病が出てきて初めてカビに侵されていることに気がつきます。
    灰色カビ病はその内部をほぼ完全に破壊し、湿った、ぬるぬるした臭いを残します。

    収穫後のカビを防ぐ方法

    栽培室では、カビを防ぐためのルールは最適な温度と相対湿度と適切な空気循環を常に維持をしましょう。
    収穫後は苦労して手に入れたバッズをカビで失うことを避けるために同じルールに従いましょう。

    乾燥

    大麻の花は収穫時、水分を多く含んでいます。
    火をつける前に辛抱強く水分が約10〜15%になるまで乾かす必要があります。

    大麻のバッズを乾かす方法は紐や物干しに逆さまに吊るだけです。
    吊るす場所はあなた次第です。

    空気が循環する乾燥した暗い場所が理想的です。栽培者は通常、指定された部屋、食器棚、クローゼットなどで芽を乾かします。

    スペースが足りない場合は、段ボール箱の中につぼみを吊るすこともできます。
    空気が循環するように、ボックスにいくつかの穴を開けてください。

    完璧な乾燥環境の作成

    18〜20°C、相対湿度50〜60%で乾燥させるのが理想的です。
    一部の栽培者は最初の3日間は温度をスペクトルの上限に保ち、芽を少し早く乾かしてから温度を下げてプロセスを遅くすることを好みます。

    茎が簡単に折れれば準備が出来た事を意味します。
    ここまでに最大2週間かかる場合がありますが、花を乾燥させる温度と湿度のレベルによって異なります。

    暑い場合は、エアコンの効いた部屋でバッズを乾かすことをお勧めします。
    特に湿度の高い場所に住んでいる場合は、エアコンを使用して湿度を下げることもできます。
    最後にファンを使用してバッズの周りに空気を循環させ、バッズを均一に乾燥させてカビの発生をさらに防ぎます。

    乾燥、硬化中にカビからを避ける方法

    バッズが乾いたら、気密の瓶で少なくとも2〜3週間(忍耐力がある場合はそれ以上)硬化させます。
    バッズは水分を失い続けますが、カビの発生速度は遅くなります。

    このゆっくりとした水分の放出は、花の香りと風味を引き出すのに役立ち、不純物を取り除きますが硬化ジャー内のわずかな水分はボトリチス胞子が成長するための条件を作り出している可能性も秘めています。

    トリミングをしっかりし清潔に保つ

    バッズに施しをする前に、バッズが綺麗にトリミングされ整えられている事が必須条件です。

    作られた順序で言うと葉や茎はバッズより古い生体物になります。
    葉と茎は湿気を僅かに閉じ込めておりカビにとって理想的な環境です。

    ウェットまたはドライのトリミングを好むかどうかに関わらず収穫した花に不要な部分がないことを確認してから硬化ジャーに詰めてください。

    カビを防ぐための重要なステップはジャー(保管ケース)の清潔さです。

    花で満たす前に、瓶が無菌で乾燥していることを確認してください。瓶の容量の3/7までだけ満たし瓶を涼しく乾燥した暗い場所に保管してください。
    光はTHCを劣化させ、芽の効力を低下させる可能性があります。

    換気をしよう

    カビをさらに防ぐために、1日に2〜4回瓶を開けて換気を行いましょう。
    古い湿った空気を取り除き交換することをお勧めします。

    約1週間もすれば花が乾燥し水分が少なくなるので換気の頻度は日1〜2回に減らせられます。

    瓶の換気をするのを忘れてしまう、もしくは出来ない程の大量の収穫がある場合は湿度パックを使用して瓶内の水分レベルを制御できます。

    大麻のキュアには62%の湿度を維持するのにパックの使用をお勧めします。

    注意深く見守る

    最後に、カビに対する最善の保護は鋭い目です。
    キュアプロセス中は定期的にバッズを検査してください。

    バッズの一部にカビが発生していると思われる場合は、真菌がさらに広がる可能性を防ぐために、出来るだけ早くバッズを隣り合わせる残りのバッズから分離してください。

    ストレージ

    少なくとも2〜3週間雑草を乾燥とキュアを施せば喫煙できるようになり、バッズを硬化ジャーに保管し続けることができます。

    湿度パックを使用して時間の経過とともにバッズが乾きすぎないようにし、ジャー内の湿度を最適なレベルに維持します。

    バッズは硬化し続け、成熟するにつれて風味が強くなるります。そのためにも隠し場所は簡単にしてはいけません。

    ボトムライン

    最終段階プロセスを急がないことが重要です。
    自家栽培はバッズの試食することが我慢できなくなるのは誰しもが同じです。

    時間をかけて綺麗にトリミングし、乾燥のキュアさせることで風味と効力の点でバッズをネクストレベルに引き上げることができます。

    カビの発生から守られた状態ですが、もし真菌の影響を受けているバッズを見つけても吸うことはあなたの体にとって『危険』です。勿体ないと思わずに取り除き破棄しましょう。

    湿度パックはカビから保護します

    湿度パックは周囲の環境から湿気を取り込む小さくてシンプルなツールです。
    水分レベルが上昇し始めると、カビの繁殖地として機能する水粒子を吸収します。

    ブログの感想、種子のお問い合わせは

    ウィッカーID
    cannabisdnalabs
    *ウィッカーのダウンロード、使い方はこちら
    https://cd-labs.com/security/wickr-me/

    Twitter
    フォローお願いします
    https://twitter.com/cdl420420

    大麻栽培youtubeチャンネル
    チャンネル登録よろしくお願い致します
    https://www.youtube.com/channel/UCmvMrMJQCdY88-smrNIFpBQ

    取扱いブランド