自分に合ったCBDオイルの選び方

ホーム / ブログ / CBD / 自分に合ったCBDオイルの選び方

自分に合ったCBDオイルの選び方

目次

    CBDオイルに関して、すべてが同じように生成されているわけではありません。
    自分に合わない製品にお金をかける必要はありません。
    幸いなことに、私たちはあなたにぴったりのCBDオイルを選ぶために必要な知識を持っています。
    主な基準をご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

    ここ数年の間、カンナビジオール(CBD)は、多くのブランドや小売店がブームを利用しようと躍起になっています。
    かつては珍しかったCBDオイルですが、現在では多くのCBDオイルが存在します。

    ローズやバニラのエッセンスを製品に混ぜているブランドもあれば、CBNやCBGなどのカンナビノイドを混ぜてオイルの効果を高めているブランドもあります。
    ブランドによっては、リポソームやナノエマルジョンを使用し、CBD製品の効果を高めているところもあります。

    しかし、すべてのCBDオイルは記載通りの効果があるのでしょうか?また、正規のCBDオイルと偽物を見分けるにはどうしたらいいのでしょうか?どのCBDオイルがあなたに最適なのかを判断する際には、多くの要素が絡んできます。
    これらの要素と、偽マーケティングにより、実際に正しく購入することは非常に難しくなっています。
    そこで、ここではCBDオイルを購入する際の注意点をご紹介しています。

    CBDオイルを購入する際に考慮すべき要素

    CBD業界は年々規制が強化されていますが、まだ長い道のりがあります。
    そのため、CBDオイルの品質と純度は、製品によって大きく異なります。
    早速、どう選ぶのかを見てみましょう。

    あなたの医者に相談してください

    初めてCBDオイルを試すときは、医師に相談しましょう。
    CBDオイルを摂取する理由に関わらず、CBDオイルには皆さんの知らない作用がある可能性があります。
    したがって、まずは定期的なCBD療法を開始する前に、医師の診察を受ける必要があります。
    あなたの健康がかかっているときに、質問に答えるのが医師の仕事です。

    しかし、CBDと他の薬が混ざってしまうとどうなるのでしょうか。CBDはほとんどの処方薬と同じ酵素によって分解されます。
    これは、順番に、医師の指導なしであなたのルーティンに導入された場合、いくつかの合併症につながる可能性があります。

    大麻が合法ではない住んでいる場合も、医者に相談する必要があります。
    医師がCBDを受け入れてくれるかどうかは別にして、もっと知りたいことがあれば医師は手助けしてくれるはずです。
    CBD療法に興味を持っている医師であれば、知ることのできないようなお勧めの治療法を教えてくれるかもしれません。

    適切なCBD濃度を選ぶ

    CBDオイル製品には様々な濃度のものがあり、カンナビジオール含有量が高いものもあります。
    つまり、濃度が高いほど効果が高いということです。

    カプセルでもスポイトボトルでも、評判の良いCBDオイルはパッケージにそれらの情報が表示されています。
    ブランドによっては、CBD量をミリグラム(例:250mg)で表示しているものもあれば、パーセント(例:40%)で表示しているものもあります。
    いずれにしても、数字が大きいほど濃度が高くなります。

    CBDオイルを初めて使用する場合は、低~中程度の濃度から始めることをお勧めします。
    その後、必要に応じて徐々に高濃度にしていくことができます。
    どのようにCBDを使用するにしても、後から量を減らすよりも量を増やす方が簡単です。
    CBDがあなたの体にどのような影響を与えるかを観察し、将来的にどのように用量を調整すればよいかを知ることができるようになります。

    フルスペクトルCBD VS CBDアイソレート

    CBDオイルには、フルスペクトルCBDとCBDアイソレートがあります。簡単に言えば、フルスペクトルオイルには大麻に含まれる活性カンナビノイドとテルペンがすべて含まれているのに対し、CBDアイソレートには純粋なカンナビジオールが含まれていて、それ以外は何も含まれていません。

    最近まで、CBDアイソレートが業界標準とされていました。
    しかし、フルスペクトルオイルは、潜在的な利点があることが証明されています。
    大麻に含まれる化合物は、「側近効果」として知られており、理論的にお互いに構築されていると考えられています。
    これによると、カンナビノイドとテルペンは、体内で相互作用すると、お互いの効果を高めたり、仲介したりすることができます。

    これをふまえると、他の化合物が苦手な方や他の理由でCBDを必要としている方以外の初めてCBDを使用する方には、フルスペクトルCBDオイルをお勧めします。
    しかし両方のタイプが、それぞれの利点を持っており、CBDアイソレートは、そのフルスペクトルCBDとCBDは対照的な有効性を持っています。

    CBDオイルVSカプセル

    正しい濃度のものを選ぶのと同じくらい重要なのは、CBDをどのように摂取するかということです。
    オイルの多くはスポイトボトルに入っており、舌下で服用することを目的としています。しかし、CBDカプセルやグミで摂取することもできます。

    これらの製品には、どのような方法で投与しても同じ有効成分が含まれています。
    しかし、効果の発現と持続時間は異なる場合があります。
    具体的には、CBDオイルを経口摂取した場合、カンナビノイドは口腔粘膜を介して血流に直接入り、体内での吸収率は食用よりもはるかに高くなります。

    つまり、食用とカプセルの効果は、舌の下でCBDを摂取した場合よりも長く持続します。
    このように、それぞれの方法にはそれぞれの利点があります。
    舌下摂取の方が効果が早く、生物学的利用能(薬剤学において、服用した薬物が全身循環に到達する割合)に優れているのに対し、カプセルは目立たず、便利で、効果が長続きします。基本的に、これに正解も不正解もありません。

    抽出方法

    大麻からCBDを抽出する方法は様々で、より純粋に高品質な製品を提供する方法もあります。
    品質を優先している企業もあれば、そうでない企業もあります。抽出方法によっては、安価なものもありますが、粗悪な抽出方法を使用するのはリスクが伴います。

    良質なCBDオイルは、超臨界CO₂抽出法で作られます。
    この方法では、液体と気体を同時に加圧した二酸化炭素を使用し、カンナビノイドとテルペンを植物から速やかに分離します。
    この方法で作られた製品は、結果的に高価になりますが、必然的に品質の高いものを入手することになるのです。

    CBDオイルを探す際、抽出方法がパッケージに記載されているかどうか、またはブランドのウェブサイトに記載されているかどうかを確認してください。
    評判の良いメーカーは、通常、この情報に透明性があります。
    一方で抽出方法がどこにも記載されていない場合は、購入前に注意が必要です。

    キャリアオイル

    植物由来のキャリアオイル(ベースオイルとも呼ばれる)は、CBDオイルの有効成分を体内に運ぶために使用されます。
    各メーカーが使用しているキャリアオイルの種類を調べてみましょう。
    最も一般的なのはヘンプシードオイルとオリーブオイルですが、MCT、グレープシード、ヒマワリ、アボカドなど、他にもたくさんの種類があります。

    ヘンプシードオイル

    ヘンプシードオイルは、ヘンプの種子を圧搾して天然の油分を放出することで作られます。
    ヘンプシードはスーパーフードと考えられており、様々な栄養面でのメリットがあることで知られています。

    キャリアオイルとして、ヘンプシードオイルはCBDオイルに独特の味を加えます。
    ヘンプシードオイルは、カンナビノイドやテルペンと同じ植物から作られているため、ヘンプシードオイルにも適しています。
    また、ヘンプシードオイルをCBDオイルとして販売している会社もありますが、これは嘘です。

    CBDヘンプシードオイル 15%
    THC:0.2%
    CBD:15%
    1滴あたりのCBD:7.5mg
    キャリアオイル:ヘンプシードオイル

    オリーブオイル
    オリーブオイルは、何世紀にもわたって地中海料理の主食となってきました。
    抗酸化物質が豊富で、飽和脂肪と不飽和脂肪の比率が高いことから、大麻オイル、特にCBDオイルのキャリアオイルとして最も人気のあるオイルの一つです。

    オリーブオイルをキャリアオイルとして使用したCBDオイルは、ヘンプシードを使用したものよりもマイルドな味がします。
    また、オリーブオイルはヘンプシードオイルよりも濃厚な感じがするので、口当たりは重く感じるかもしれません。
    しかし、前者の味とテクスチャーに慣れている方は、ヘンプシードオイルをベースにした代替品よりも、オリーブオイルの方がより認識しやすく、快適な感覚を味わえるでしょう。

    MCTオイル

    植物オイルは素晴らしいですが、ここ数年で興味深い代替品が登場し始めています。
    具体的には、CBDオイルメーカーは、MCT(中鎖トリグリセリド)オイルがカンナビノイドをシステムに届けるための最も効果的な媒体の一つであることを発見しました。

    MCTは、ほとんどの脂肪(長鎖トリグリセリド[LCT])よりも短い分子で構成された脂肪の一種です。
    MCTはすぐ私たちの血流に吸収されます。また、CBDと他のカンナビノイドは、一緒にシステムを構築すると、これらの分子にくっつくことが判明した。
    こうしてMCTオイルによってあなたの体に運ばれたときに、より多くのCBDを楽しむことができます。

    CBDオイル 30%
    THC:0.02%
    CBD:30%
    1滴あたりのCBD 1滴あたりのCBD:15mg
    キャリアオイル:MCTオイル

    費用

    当然価格も考慮に入れる必要があります。
    高濃度のCBDオイルは高価になるかもしれませんが、その効力は長持ちすることも同時に意味します。
    その結果、長期的に見れば、コストが安くなるかもしれません。
    しかし、一度に多くのお金をつぎ込むことができるかどうかによります。

    効果を実感するために必要なオイルの量がわかったら、より高濃度の商品を購入することを検討してみてはいかがでしょうか。
    例えば、500mgのボトル1本であれば、250mgのボトル2本よりも安く済みます。

    また、同じ濃度のCBDオイルを2つ購入しても、価格が大きく異なる場合もあります。
    保証がない場合は、できるだけ安いものを買わないようにしましょう。
    だからと言って、最高級品を買わなければいけないというわけではありませんが、注意が必要です。

    HEMPがどこから来ているかを確認してください

    有機栽培や自然栽培されたEUの大麻は、間違いなくCBDオイルの最高の原料です。
    しかし、CBDオイルを製造しているメーカーの中には、抽出の際に手抜きをしているところもあり、疑わしい条件で栽培された大麻や大麻を使用していることがあります。
    麻は土壌や空気中に含まれる有害な化学物質を吸収しやすいため、よくありません。

    安全性を確保するためには、信頼性の高い試験を行っているブランドを探しましょう。
    ヨーロッパのヘンプの規制は特に厳しく、THCの含有量が無視できるレベルであり、高品質のヘンプを収穫することが保証されていますが、優れたヘンプは世界中に存在します。

    ヘンプの品質を確認するには、重金属分析やカンナビノイド/テルペンの分解を含むCBDオイルの検査結果から確認することができます。

    ブランドの評判

    ほとんどの消耗品と同様、ブランドの評判は、良いCBDオイルと悪いCBDオイルを見分ける鍵となります。
    評判の良いCBDメーカーは、品質を確認するために必要な情報をすべてウェブサイトに掲載しています。

    研究の結果、抽出方法、キャリアオイルなどの情報に加え、カスタマーレビューも非常に参考になります。
    製品の品質を確認するだけでなく、その会社の配送時間やコスト、顧客サービス、業界での歴史などを知ることができます。

    いくつかは味について言及し、他の人は品質や効力について言及し、ブランドが問題に対処するために手を差し伸べた場合、いくつかは彼らのレビューを修正することもあります。

    最高のメーカーのほとんどは、自社のウェブサイト上で外部のレビューサイトにリンクしますので、フィードバックが実際の顧客から来ていることを知っています。
    原則として、Trustpilot、Facebook、Googleなどの独立したプラットフォームをチェックして、人々が特定のブランドについて言ったことを確認することをお勧めします。

    自分に合ったCBDオイルを選ぶには:十分な注意を払ってください

    自分に合ったCBDオイルを探しているのであれば、いろいろな会社を調べて、その会社がどのような製品を提供しているかを確認しましょう。
    CBDオイルに何が含まれているか、彼らは最初の場所でカンナビノイドを利用するためにどのような方法を使用しているか、彼らが良い評価を得ているかどうかを確認してください。
    もちろん、自身のニーズを考慮する必要がありますし、あなたの予算や最適な用量のような他の要因を考慮する必要があります。
    それ以上に、すべては個人的な好みに起因しています。

    品質の良いCBDオイルの選び方は?

    CBDオイルの品質を測定するための重要な基準がいくつかあります。
    オイルが有機栽培の麻から供給され、超臨界CO2を使用して処理され、サードパーティのラボでテストされた場合は、明確になっているはずです。

    CBDブランドの選び方は?

    あなたに最適なCBDブランドを選択するには、いくつかの調査を行うことから始める必要があります。
    一般に、製品を独自にテストするブランドや、包括的なカスタマーレビューを提供するブランドを探す必要があります。

    CBDオイルにはどのような種類がありますか?

    CBDオイルにはいくつかの種類があります。
    3つの主要なカテゴリーは、フルスペクトル、広域スペクトル、およびCBD分離です。

    CBDオイルとCBDチンキの違いは?

    CBDオイルは、ヘンプシード、MCT、オリーブなどのキャリアオイルに大麻を注入することによって作られています。
    一方、CBDチンキは大麻をアルコールまたはグリセリンに注入することによって作られます。

    ブログの感想、種子のお問い合わせは

    ウィッカーID
    cannabisdnalabs
    *ウィッカーのダウンロード、使い方はこちら
    https://cd-labs.com/security/wickr-me/

    Twitter
    フォローお願いします
    https://twitter.com/cdl420420

    大麻栽培youtubeチャンネル
    チャンネル登録よろしくお願い致します
    https://www.youtube.com/channel/UCmvMrMJQCdY88-smrNIFpBQ

    取扱いブランド