大麻の種はどのようにしてフィメール(女性)化させるのか?

ホーム / ブログ / 大麻について / 大麻の種はどのようにしてフィメール(女性)化させるのか?

大麻の種はどのようにしてフィメール(女性)化させるのか?

目次

    種子を雌化する方法には、2つの方法がある。どちらにも利点がある。一般的に、酸を使用する方がより安定した種子を得ることができますが、より困難です。GA3を使用するためには、しっかりとした化学の知識が必要です。ジベレリン酸-3(GA-3)は天然に存在する植物成長調節物質で、場合によっては種子の発芽を促進するなど、さまざまな効果をもたらす。GA-3は多くの種の種子に天然に存在し、Gibberella fujikuroi菌の培養物をタンクで培養し、GA-3を抽出・精製することで商業的に生産されています。

    どの品種に効果があるのか、またそれぞれの品種に適したGA-3の濃度を決定するためには、多くの研究が必要である。これは、作物を雌性化する最初の方法であり、オレンジ産業でも使用されている。

    STS法の導入は革命であることを証明した。誰もが簡単に雌性化種子を作れるようになったのだ。シードバンクはキノコのように増え始めた。しかし、その多くが忘れていたのは、種子を作るのに時間がかかるということだった。シードバンクは時間という要素をしばしば無視する。彼らは一刻も早く種を市場に出したいだけなのだ。

    種子の生産に使用する植物は、理想的には第5世代か第6世代であるべきだ。種子を生産するために、最良の母株と「父株」を選択するのは、長く骨の折れる作業だ。父株はもちろん雌株(母株)で、開花期にSTSかGA3を散布する。これにより植物にストレスがかかり、雌株は雄花を形成する。雄花は節間部に小さな球を形成し、花粉を保持する。この花粉は母株(雌株)の受粉に使われる。これらの雌株は最終的に種子を生産する。

    選抜のプロセスは次のようなものです:まず通常の種から育て、開花期の最初の2週間で、最良の雌株からクローンを採取します。これらの株は、根、強さ、健康状態、均一性、安定性、開花の進み具合などを見て選ばれます。同じ状態の株を数株採取する。クローンを採取した後は、第5世代か第6世代のクローンになるまで、再び選抜を繰り返します。このとき、植物の遺伝学的性質は最盛期を迎え、種子を生産するのに十分な安定性と均一性を持つようになります。

    すべての植物が GA3 での処理に反応するわけではありません。STS(チオ硫酸銀)を用いなければ雌性化できない品種もある。さらに、うまく雌性化できない植物もあります。これらの品種は、種子 1000 粒あたりの雌雄異株や雄株の発生率が高すぎるのです。品種によって、雄株になるか雌株になるかは異なります。

    したがって、開花の最初の数週間は、常に株に細心の注意を払う必要がある。節間すべてに毛が生えていれば雌株です。しかし、節間に球が形成されている場合は、雄株(球のみ)か雌雄異株のどちらかです。雌雄異株は、雌花(節間の小さな毛)と雄花(節間の小さな球)の両方を示します。

    これらの植物を取り除くことができます。そうしないと、開花後の雌株に受粉してしまう。あるいは、これらの植物を追跡し、ピンセットで玉を絞ることもできる。この作業を必要なだけ繰り返す。やがて雄花は咲かなくなり、雌花に成長します。

    ブログの感想、種子のお問い合わせは

    Telegram
    https://t.me/cannabisdnalabs
    *ダウンロード、使い方はこちら
    https://cd-labs.com/security/telegram/

    Session ID
    052ff60ec4656d31fc4936959a00ef1c98a474a2a248cde47836e32d18cdc7d42a
    *ダウンロード、使い方はこちら
    https://cd-labs.com/security/session-private-messenger/

    大麻栽培youtubeチャンネル
    チャンネル登録よろしくお願い致します
    https://www.youtube.com/channel/UCmvMrMJQCdY88-smrNIFpBQ

    お買い物カゴ

    取扱いブランド