紫色や赤色などのカラフルな大麻を育てることはできるのか?

ホーム / ブログ / 大麻について / 紫色や赤色などのカラフルな大麻を育てることはできるのか?

紫色や赤色などのカラフルな大麻を育てることはできるのか?

目次

    あなたはピンク、紫、赤、オレンジ、の大麻を見たことありますか?

    たまに海外サイトの大麻の画像で、カラフルな大麻が記載されています。

    そのような大麻を一度は育てたくはないでしょうか?

    カラフルな大麻を育てるには、まずは正しい遺伝子を選ばなければなりません。

    遺伝子で大麻の色は決まっている

    大麻の色が変わる傾向は、系統/遺伝学によってほぼ100%決定されるため、どの植物にも強制的に色鮮やかな芽を作ることはできません。

    ただし、自然に鮮やかな色に変わる系統の種子を購入することができます。

    その遺伝学を最大限に活用し、つぼみの色を引き出すコツがあります。

    大麻の4つの「部分」がカラフルになる
    (見出し

    カラフルになることができる植物の部分は…

    ①雌しべ(毛)–乾燥/硬化後も一部の色が残る

    ②カリックス(つぼみ)–最終的な色に対する非常に強い効果

    ③葉–多くはトリミングによって除去されるため、最終的な芽の色への影響は比較的小さい

    ④Trichomes –最終的な色への小さな影響
    つぼみはさまざまな部分で構成され、通常は複数の色

    つぼみには色が変わる部分が2つあります。
    一つは、突き出ている雌しべ/髪の毛です。

    雌しべがピンクや紫に変わる大麻の系統がいくつかあります。

    雌しべ/髪の毛だけがピンクや紫に変わることがありますが、葉やつぼみはまだ緑のままです。

    葉の色を紫色に育てる方法

    一部の大麻の系統では、芽がほとんど緑色のままである一方で、葉が紫色に変わることがあります。

    これは、植物が寒い夜の気温にさらされた後に発生することがよくあります(ただし、常にではありません)

    ※昼間の栽培環境を24度、晩の栽培環境を18度のような寒暖差がある環境だと紫になったという報告もあります。

    直射日光にさらされた葉は紫色に変わる可能性が最も高く、日陰の葉は緑色のままです。

    ※秋の波長の光を与えることで作物の色が変わったという報告があります。
    赤ランプの光で育てると変色しやすいようです。

    カラフルな大麻を育てる方法まとめ

    カラフルに育つ大麻の種を選択(最も重要)

    収穫して、乾燥させた後もバッズの色を維持したい場合は非常に暗い色を生み出す株を選択します。

    気温は
    18-24度ぐらいの寒暖差
    (夜が寒いといいそうです)

    明るい光
    強い光レベルは色を引き出すのに役立ちます。
    秋の波長の光を与えることで、変色を促進させます。
    赤ランプのライトで育てるといいですよ。

    根のPH
    一部の株は、より高いまたはより低いpH範囲で色を発現する可能性があります。

    更に可能な場合は、鮮やかな色のつぼみと雌しべのある大麻品種を選択します。

    これにより、つぼみの全体的なカラフルな外観が最大化されます。

    乾燥した芽と硬化した芽に最も重要な最終効果を得るには、植物のできるだけ多くの部分がカラフルな株を選択する必要があります。

    したがって、理想的には、雌しべとがく(最終的な色のほとんどを構成する)の両方が鮮やかに色付けされた芽が必要です。

    葉や毛状突起も色鮮やかであれば、さらに効果が上がります。

    ブログの感想、種子のお問い合わせは

    ウィッカーID
    cannabisdnalabs
    *ウィッカーのダウンロード、使い方はこちら
    https://cd-labs.com/security/wickr-me/

    Twitter
    フォローお願いします
    https://twitter.com/cdl420420

    大麻栽培youtubeチャンネル
    チャンネル登録よろしくお願い致します
    https://www.youtube.com/channel/UCmvMrMJQCdY88-smrNIFpBQ

    取扱いブランド