大麻開花期における初期知識と注意点

ホーム / ブログ / 大麻について / 大麻開花期における初期知識と注意点

大麻開花期における初期知識と注意点

目次

    大麻の開花期はライフサイクルにおいて特に重要な段階です。
    開花期には多くのことが起こります。

    大麻はライトオフの暗闇時間が10〜12時間の暗闇に切り替えると開花が始まります。

    開花期に入ると大麻は成長を止め、代わりにそれらのエネルギーを芽(花)の生産に投入します。

    屋外栽培の場合は、夏の終わり頃に日が短くなるときに起こります。

    ほとんどの大麻は、開花期間は約7〜9週間続きますが、一部のサティバは芽が成熟するまでにさらに長い時間が必要です。

    開花中に何が起こり、どの時期に何が起こるかは、育つ特定の株によって多少異なります。

    開花期(1〜3週)

    第1週(移行ステージとストレッチ)
    開花の最初の数週間で、大麻植物は開花移行期に入ります。

    冬は遠くないので、大麻はすぐに大量のつぼみを運ばなければならなくなると考えると、急速に成長するでしょう。

    この間、一部の株は高さがほぼ2倍になります。
    植物が現在急速に成長しているため、この初期の開花期はストレッチ期としても知られています。

    開花の初期段階で知っておくべき重要なこと

    開花期に入ったら、肥料のスケジュールを突然変更したりしないでください。

    通常、開花が始まったら少なくとも1週間は成長期の肥料レシピを与え続けることをお勧めします。

    開花初期に大麻が伸びるので、その前に低ストレストレーニング(LST)などのトレーニングテクニックを実施しておくことをお勧めします。

    茎を下に曲げて植物の中心から離れるように曲げるので、成長ライトをより効率的に使用することができ、後でより良い収量を得るのに役立ちます。

    第2週

    開花の第2週に、大麻は白い雌しべを見つけます。
    これらの細くてうっすらとした白い毛は後に芽になる部分です。

    貴方の大麻がたまたまオスである場合、代わりに小さな花粉嚢ができます。

    性別が分からない、定期的な女性化されていない植物を育てる場合は、この時期に性別を区別できるようになります。

    大麻が開花し始めたら、適切に栄養を与え、芽の成長の最初の兆候を開始するには、使っている肥料メーカーのスケジュールを確認する必要があります。

    第3週

    貴方の大麻はまだ完全に成長を止めていません。
    この時期は開花期開始から約50%大きくなります。
    まだ少し成長していますが、成長率は徐々に遅くなり、すぐに完全に停止します。

    この時期になると以前にいくつかの白い毛がはえていた箇所で、実際の芽が発達している最初の兆候を見ることができます。
    植物にはまだ樹脂腺や毛状突起が多くありません。
    つまり、臭いもあまりありません。

    植物が花の成長にますます多くのエネルギーを費やし始めている開花のこの段階は、特に重要です。
    あなたが与える栄養素が適切であることを確認し、肥料メーカー推奨用量を確認してください。

    この時期は大麻の葉が変色したり、葉全体が落ちて失われたりなど、さまざまな形で現れる症状を確認する必要があります。

    同時に、この時期にも発生する可能性のある過剰摂食(「栄養素燃焼」)の兆候がないか、植物を確認する必要もあります。

    栄養素のやけどは、通常、葉の先端が変色するのを示します。
    これが発生した場合、症状に応じて肥料を調節する必要があります。

    第4週

    開花期の第4週に、大麻植物は完全に成長を停止し、芽の成長にすべてのエネルギーを費やしています。
    芽からはまだ白い毛が突き出ていますが、芽自体は日々大きく、太くなります。

    大きな芽が成長するにつれて、あなたの植物はより多くの毛状突起を作り出し、この段階でにおいが強くなります。

    大麻の成長が止まるので、LSTなどのトレーニングに注意を払う必要がなくなります。

    第5週

    開花の第5週には、植物全体の芽が濃くなるのを観察できます。
    また、新しい箇所で成長している新しい芽を見つけることもできます。

    芽がたくさんあると、貴方の大麻は毎日太くなります。
    これは、完全開花モードになっていることを示す確実な兆候です。

    この時点で、大麻は非常に強い匂いを発します。
    室内または法定栽培が許可されていない地域で育つ場合は、適切な換気システムが整っていることを確認してください。

    大麻植物の以前の白い雌しべの毛の一部が、今や褐色または琥珀色に暗くなっている可能性があります。
    同時に、植物の毛状突起を確認すると、それらの一部が不透明になっているのに気付く場合があります。

    毛状突起が乳白色になり、毛が暗くなるのは、あなたの植物が収穫に近づいている兆候です。

    第6週、第7週、第8週(収穫の直前、開花前の段階)

    すべての大麻系統が開花するのに同じ時間を必要とするわけではありませんが、多くの品種はこの最後の3週間で収穫する準備ができています。

    8週目までに準備ができる株はそれほど多くありません。

    ケミ抜き

    育てている株の開花時間にもよりますが、収穫の2週間前ぐらいになったら土に残留している肥料を洗い流します。
    このことを「ケミ抜き」といいます。

    肥料による栄養素の投与を止め、植物にプレーンで、pHバランスのとれた水だけを与えます。

    これにより、土壌中の塩分やミネラルが除去され(洗い流され)、芽がより美しく、より純粋な味になります。

    この工程を怠ると貴方の大麻こ煙は非常に辛くて、不快な化学的な味になります。

    正しい収穫時期については、自身の大麻のスペックをチェックしてください。
    植物を収穫する時期を知るには、ルーペまたは小さな顕微鏡を使用して、植物の毛状突起を定期的に確認します。

    毛状突起が透明から乳白色に変わるかどうかを観察できます。
    表示される毛状突起の多くがまだ透明である場合、それはまだ収穫するには時期尚早であることを意味します。

    ほとんどの毛状突起が琥珀色で不透明な透明度を持っている場合、これは芽のTHC含有量が最大になり、植物が収穫の準備ができていることを意味します。

    ブログの感想、種子のお問い合わせは

    ウィッカーID
    cannabisdnalabs
    *ウィッカーのダウンロード、使い方はこちら
    https://cd-labs.com/security/wickr-me/

    Twitter
    フォローお願いします
    https://twitter.com/cdl420420

    大麻栽培youtubeチャンネル
    チャンネル登録よろしくお願い致します
    https://www.youtube.com/channel/UCmvMrMJQCdY88-smrNIFpBQ

    取扱いブランド