手軽で大人気!!流行りの大麻リキッドを作ってみよう

ホーム / ブログ / 大麻について / 手軽で大人気!!流行りの大麻リキッドを作ってみよう

手軽で大人気!!流行りの大麻リキッドを作ってみよう

目次

    今日は、電子タバコユーザーの間で最も人気のあるトピックの1つである、アークペン用のTHCリキッドの作り方について説明します。

    最新の世論調査によると、大麻の合法化に対する人気のある米国の支持は約62%にとどまっていますが、州議会はこの問題について意見が分かれています。

    幸運にも、大麻が薬用またはレクリエーションでの使用が合法である州に住んでいるなら、おそらくすぐにTHCリキッドを購入する機会があったでしょう。

    しかし、ほとんどの場所、国では、この種のリキッドは許可されていません。
    つまり、ほとんどの人にとって自宅でTHC液を作ることが唯一の選択肢です。

    vapingの背景と、独自のTHCオイルを作成するための方法について説明します。

    E-リキッドとは?

    電子液体、別名アークジュースは、伝統的にニコチン含有製品です。
    THCとCBDの両方のe-リキッド(テルペンが付属)が利用可能で、プロピレングリコール(PG)または植物性グリセリン(VG)のいずれかのベースが特徴です。

    PGは無色無臭の有機化合物です。
    粘度がそれほど高くないため、カートリッジの補充やデバイスのクリーニングが簡単になります。

    VGは植物油に由来する完全に天然の液体です。 無臭でありながら、ほんのり甘い味がします。

    PGよりはるかに粘性があります。
    掃除には理想的ではありませんが、濃厚で満足のいく蒸気を作り出します。

    電子液体は、電子タバコまたは気化器のタンクにロードされ、90〜200°Cの任意の場所まで加熱されます。
    THCを効果的に蒸発させるには、デバイスを約157°Cに設定する必要がありますが、CBDでは160〜180°Cのわずかに高い温度が必要です。

    THCリキッドを作ってみよう!!

    ロジンを使用して独自のアークジュースを作ることが、最もクリーンで迅速な方法です。

    ロジンは、本来、低リスクの抽出物です。
    プロセスで使用される溶剤や過酷な化学薬品はありません。
    樹脂を抽出するために少しの熱と圧力をかけるだけの問題です。
    手に十分な樹脂の花があれば、芽を使ってロジンを作ることができます。

    用意する物

    • ロジン
    • PG
    • VG
    • 小さなガラス容器
    • かき混ぜ棒
    • シリンジ
    • 電子レンジ
    • アトマイザー

    ステップ1

    小さなガラス容器の中にロジン、PG、VGを入れましょう。
    ロジン1gに対してPGとVGを合わせた物を2gが目安です。
    リキッドの濃さは自分の好みに調節しましょう。(市販のロジンを溶かすリキッドも有ります。)

    ステップ2

    電子レンジで加熱してロジンを溶かし、混ぜやすくします。加熱しすぎないように気をつけましょう。

    ステップ3

    電子レンジから容器を取り出し、溶けた液体を、良くかき混ぜましょう。

    ステップ4

    かき混ぜたリキッドをシリンジで吸い取り、アトマイザーに注入して完成です!

    参考動画
    https://youtu.be/Y-XHlyeTsyc

    ブログの感想、種子のお問い合わせは

    ウィッカーID
    cannabisdnalabs
    *ウィッカーのダウンロード、使い方はこちら
    https://cd-labs.com/security/wickr-me/

    Twitter
    フォローお願いします
    https://twitter.com/cdl420420

    大麻栽培youtubeチャンネル
    チャンネル登録よろしくお願い致します
    https://www.youtube.com/channel/UCmvMrMJQCdY88-smrNIFpBQ

    取扱いブランド