汚染された土壌で栽培された大麻は茎が使えるようになり、CBDの生産量が増加した

ホーム / ブログ / CBD / 汚染された土壌で栽培された大麻は茎が使えるようになり、CBDの生産量が増加した

汚染された土壌で栽培された大麻は茎が使えるようになり、CBDの生産量が増加した

目次

    ファイトレメディエーションの選択肢として大麻に注目したギリシャの研究者によれば、大麻は銅で汚染された土壌の浄化に適している。

    テッサリア大学とアリストテレス大学の農学部の科学者たちは、大麻が重度に汚染された土壌から銅を効果的に吸収することを発見しただけでなく、その過程で麻の花に含まれるCBD濃度を高めることを発見した。

    「ヘンプは耐性植物であり、2段階のCu(銅)濃度を添加した様々な粒度分布の土壌でうまく生育することが明らかになった。「Cuは、植物の成長特性、地上部の重量、高さ、光合成能力によって証明されるように、両方の汚染レベルで植物に有利な影響を与えることが証明された。

    この研究は、ベルリンに本社を置くSpringer Nature社の科学雑誌『Waste and Biomass Valorization』に掲載された。

    研究によると、CBDの生産量は、大麻栽培土壌中の金属濃度が高くなるにつれて増加するようである。「金属汚染ストレスに反応してCBDを大量に生産し、汚染土壌を修復することから、大麻栽培は地中海沿岸の土壌にとって有望である。

    「土壌銅レベルの上昇に反応してCBD生産が促進されたことは、特に興味深い結果である。「今後の研究では、CBDの生産は、有毒な環境での栽培によって誘発されるストレスに対する遺伝的応答であるかもしれないという仮説を探ることができる。

    根に集まる

    この研究では、銅は主に植物の根に蓄積され、茎の下部には適度に蓄積されること、産業利用に適した金属を含まない茎を生成すること、短いライフサイクルで「膨大な」バイオマスを提供することから、麻を「ファイトレメディエーションの理想的な候補」とすることを発見した。

    土壌浄化のために麻を研究したイタリアの研究者たちは、2021年に、重金属の存在を示す植物の茎でさえも、麻コンクリートやプレスされたエネルギーペレットなどの最終製品に安全に使用できることを報告した。

    ブログの感想、種子のお問い合わせは

    Telegram
    https://t.me/cannabisdnalabs
    *ダウンロード、使い方はこちら
    https://cd-labs.com/security/telegram/

    Session ID
    052ff60ec4656d31fc4936959a00ef1c98a474a2a248cde47836e32d18cdc7d42a
    *ダウンロード、使い方はこちら
    https://cd-labs.com/security/session-private-messenger/

    大麻栽培youtubeチャンネル
    チャンネル登録よろしくお願い致します
    https://www.youtube.com/channel/UCmvMrMJQCdY88-smrNIFpBQ

    お買い物カゴ

    取扱いブランド