大麻がアルコールより安全である10の理由

ホーム / ブログ / CBD / 大麻がアルコールより安全である10の理由

大麻がアルコールより安全である10の理由

目次

    一般には知られていませんが、大麻はアルコールよりもはるかに害が少ないものです。
    実際、さまざまな有益な特徴もあります。

    最近まで、すべての麻薬対策広告は、大麻が脅威であるとあなたに伝えていたでしょう。

    一部の人々は、その影響について誇張もしました。

    広告がどんな方法で伝えても、ただ一つ言いたいことは、大麻を脅威と時間の無駄のように見せることです。

    しかし、これらの麻薬撲滅キャンプは、アルコールにほとんど注意を払っていませんでした。
    確かに、アルコール依存症についての広告は何十年も前からあり、この問題は一般の人々も知っています。
    ただし、ほとんどのアルコール広告は、パーティーや楽しい時間を与えてくれる遊びの一つのように紹介しています。

    したがって、最近まで、メディアはほとんどの人が大麻がはるかに危険であると確信していました。

    しかし、科学はこれらすべてについて何と言っているのでしょうか?
    事実を見ると、大麻は多くの点でアルコールより安全であることがわかります。
    理由のトップ10は次のとおりです。

    死亡者数

    危険の最大の指標の1つは死者数です。
    アルコールの有害な使用は、2016年に世界中で300万人以上の命を奪いました。
    これには、アルコール中毒の犠牲者、使用の結果として癌や脳卒中を起こした人などが含まれます。
    比較すると、大麻での死者数はほぼ0です。
    ハイな状態で運転して自動車事故を引き起こす人もいるかもしれませんが、飲酒運転の方が一般的です。

    過剰摂取

    Alcoholism Solutionsによると、毎年5万人近くの米国の患者がアルコール中毒と診断されています。
    英国でも状況は悪く、過去8年間でアルコール中毒による未成年の通院者数が前年比で20%増加しています。

    最近の統計ではありませんが、米国疾病対策予防センターは、2011年から2012年にかけて米国の6人がアルコール中毒で毎日死亡していると推定しています。
    その間に大麻の過剰摂取で何人の人が亡くなったか知っていますか?

    0人です。

    致死量に達するためには、相当量(15〜70グラムの純粋なTHC)喫煙する必要があります。

    物理的に到底できることではありません。

    慢性疾患

    肝臓がん、乳がん、結腸がん、てんかん、虚血性心疾患-これらすべて、およびそれ以上のものは、長期にわたる過度のアルコール摂取に起因する可能性があります。
    大麻には独自の副作用がありますが、それは主に肺の問題(特にタバコと一緒に使用される場合)と特に重症精神病の人に限定されています。
    しかし、ほとんど誰もその値に達していません。
    全体として、アルコール消費に関連するリスクは、人々の予想を超えています。

    暴力と負傷率

    私たちが大麻を喫煙するとき、暴力犯罪を犯すためのエネルギーや推進力を持っていません。
    他の大麻使用者も同じように感じています。

    American Journal of Emergency Medicineの研究によると、大麻の長期使用が暴行による負傷と関連することはめったにありません。
    一方、調査によると、入院中の暴行の36%と、すべての負傷者の21%がアルコールの使用に関連していることがわかりました。

    脳への影響

    あなたの多くは大麻が脳に影響を及ぼすものと思うかもしれませんが(世間一般の認識のおかげで)、これは驚くべきことにそうではありません。
    実際、Psychology Todayの記事のゲイリー・L・ウェンク博士によると、それは反対です!

    彼は、Scripps Research Instituteの研究を引用しています。

    この研究によると、大量飲酒者は、飲酒をやめた後でも、神経新生(新しい脳細胞の形成)を大幅に失うことがわかりました。

    対照的に、最近行われた研究ではカンナビノイド受容体の刺激が神経新生を「活性化」することがわかりました。

    医学的生存率

    大麻は実際にアルコールよりも何人かの人々を助けています。
    普段のリラックスを求める理由で大麻を使用している多くの人は別として、慢性的な痛みや吐き気などの問題に苦しんでいる人は、医療使用が合法である地域で大麻またはカンナビノイド療法を処方されることがよくあります。

    不安とうつ病

    大麻の乱用はこれらの問題を悪化させる可能性がありますが、多くの不安神経症やうつ病の患者は医療用大麻に安心感を覚えます。
    確かに、この分野の研究は未発達であり、大麻が精神的健康問題のために処方されることはめったにありません。
    しかし、それは個人がTHCとCBDをさまざまな理由と頻度で自己投与することを止めていません。

    特にCBDはその抗不安薬の可能性について調べられています。
    ある研究は、人前で話す模擬試験の前に社会恐怖症患者にCBDを投与し、カンナビノイドが主観的な不安を大幅に軽減することを発見しました。

    この分野のアルコールに関しては、物事はかなり深刻です。
    アルコールは中枢神経系の抑制剤として知られており、慢性的な使用は、うつ病、不安神経症など、多くの精神的健康問題に関連しています。

    肥満

    多くの大麻喫煙者は、ハイのときに空腹になり、「マンチ」と呼ばれるものを経験します。
    しかし、予想に反して、大麻使用者は非使用者よりもBMI指数スペクトルが低く出る傾向があります。

    一方、アルコールには本質的にカロリーが含まれており、栄養素はあまり含まれていません。
    特に慢性的な暴飲は、脂肪組織の発生率が高く、肥満になりやすいです。

    アルコールは多くの種類の癌を引き起こす可能性があります。

    一方、大麻は現在、癌自体の治療法とは見なされていませんが、化学療法の症状や、この病気に関連するその他の不快な生理学的症状を緩和するために長い間使用されてきました。

    興味深いことに、カンナビノイドが試験管内で癌細胞の「成長を遅らせたり死に至らしめる」ことを示す一連の予備研究があります。

    しかし、これは実行可能な治療法とはほど遠いものです。

    それでも、アルコールの非常に有害な影響を考慮すると、大麻がこの領域で何らかの可能性を秘めているという事実は否定できません。

    アルツハイマー病

    アルコールは、アルツハイマー病のような神経変性疾患の発症に以前から関連しており、最近の研究はこれを科学的に裏付けています。

    Journal of Neuroinflammationに掲載された研究者は、「食作用に対するアルコールの影響がアルツハイマー病の発症に関与する可能性がある」ことを発見しました。

    大麻はどうですか?

    さて、前臨床試験は、少量のTHCが、アルツハイマー病の主要な原因であるベータアミロイドタンパク質の産生を減少させることを発見しました。

    ここでも、大麻をこの状態の治療法と見なすのは時期尚早であると注意することが重要です。
    しかし、これらの結果は、潜在的な神経保護の性質を強調する他の研究とともに、大麻がその作用において実際に用途が広いことを示しています。

    ブログの感想、種子のお問い合わせは

    ウィッカーID
    cannabisdnalabs
    *ウィッカーのダウンロード、使い方はこちら
    https://cd-labs.com/security/wickr-me/

    Twitter
    フォローお願いします
    https://twitter.com/cdl420420

    大麻栽培youtubeチャンネル
    チャンネル登録よろしくお願い致します
    https://www.youtube.com/channel/UCmvMrMJQCdY88-smrNIFpBQ

    取扱いブランド