医療用大麻の10の長所と短所

ホーム / ブログ / CBD / 医療用大麻の10の長所と短所

医療用大麻の10の長所と短所

目次

    大麻は、多くの治療効果が期待できる強力な植物です。
    残念なことに、この古代の植物に対する私たちの理解はまだ非常に限られており、その可能性を最大限に活用するにはまだまだ遠い道のりにあります。

    ここでは、私たちが今日知っている医療用大麻の10の利点と欠点をご紹介します。

    大麻は、私たちの病気とその治療に対する見方を変えようとしています。
    しかし、医療用大麻の利点と欠点はどのようなものがあるのでしょうか?

    医療用大麻の利点

    医療用物質としての大麻の考えは劇的に支持を集めていますが、植物の薬効の全範囲についての結論はまだ出ていません。
    以下では、医療用大麻の潜在的な利点のいくつかを議論します。

    大麻は天然であり、用途が広い

    医療用大麻の第一の大きなメリットは、天然であることです。
    大麻は7大陸のうち6大陸で栽培されており、人類学的には人類最古の栽培品種の1つである可能性が示唆されています。

    また、大麻は汎用性の高い植物であり、その化学成分を抽出して様々な形に濃縮することができるため、投与方法の選択肢も豊富です。
    研究者は、大麻植物のカンナビノイド、テルペン、およびその他の化合物のうち、単独で、あるいは相乗効果で患者に利益をもたらすことができるものを探求し続けています。

    大麻は何千年もの間、医学的に使用されてきました。

    大麻が最も古い作物の一つであることを示唆する確かな研究があるように、大麻が最も古い薬の一つである可能性を示唆する証拠もたくさんあります。
    1500年代に出版され、世界で最も古い薬局方の一つと考えられている『ペンツァオ』は、痛み、便秘、マラリアなどに大麻を推奨しています。

    大麻、炎症と痛み

    痛みと炎症は両方とも症状であり、さまざまな状態の原因です。
    最近の研究では、特に慢性的な炎症が冠動脈性心臓病、糖尿病、がん、さらにはアルツハイマー病の根本的な原因となる可能性があることが示唆されています。
    「炎症。病気の統一理論」と題した論文では、ハーバード大学医学部は「多くの病気に共通する、因果関係のある要因」として慢性炎症を挙げています。

    大麻に含まれる多くの化合物(THCやCBDなどのカンナビノイドだけでなく、ミルセン、リモネン、リナロールなどのテルペン類も含む)は、抗炎症作用を示すことが証明されています。
    炎症を管理する上でエンドカンナビノイド系の重要な役割が発見されて以来、多くの研究が膵炎、潰瘍性大腸炎、アルツハイマー病、その他多くの病態に起因する炎症を抑制する大麻の可能性に焦点を当ててきました。

    大麻とPTSD(心的外傷後ストレス障害)患者

    リカバリービレッジによると、成人の13人に1人は、外傷的な出来事を経験したことに反応してPTSDを発症するといいます。
    このような患者の多くは、PTSDに伴う症状に対処するために大麻を利用することがあります。

    残念ながら、PTSD患者の大麻使用に関する証拠のほとんどは、臨床試験よりもむしろ報告に基づくものです。
    しかし、PTSD患者の体内にはカンナビノイド受容体が豊富に存在し、エンドカンナビノイドレベルが低下していることを示唆する研究もあります。

    また、エンドカンナビノイド系は、記憶や学習プロセス、不安、恐怖記憶、習慣化(繰り返し暴露されると刺激に対する反応が低下する)の管理に大きく関与していることも研究で明らかにされています。
    ある研究では、大麻を使用したPTSD患者の中には、抑うつエピソードや自殺念慮のリスクが低下している人もいることがわかりました。

    大麻とてんかん

    CBDは2011年、故シャーロット・フィギさんの話が世界中の人々の心に響いたことで初めて国際的なニュースになりました。
    現在では、大麻や大麻に含まれる非毒性化合物であるCBDが、レノックス・ガストー症候群やドラヴェット症候群に関連した発作を軽減するという確固たる研究が行われています。

    発作は、ニューロンの急速な異常な発火によって引き起こされると考えられています。
    ほとんどの場合、てんかん患者には原因がわかっていません。
    エンドカンナビノイド系は、中枢神経系および海馬などのてんかんに関連する脳の重要な部分で非常に活発です。

    研究では、CBD、THC、THCA、リナロールなどのテルペン類が抗てんかん作用を発揮することもわかっています。

    大麻に含まれる化合物がどのように発作と闘うのかについてはまだ明確な理解が得られていませんが、上記の研究は少なくともいくつかの理論を提供し始めています。

    大麻、吐き気、嘔吐

    吐き気と嘔吐は、私たち全員がよく知っている症状です。 それらは、胃炎のような軽度のものから虫垂炎、髄膜炎などのより深刻な健康問題まで、多くの異なる状態に関連しています。多くの薬物療法や治療(化学療法や抗レトロウイルス療法など)も吐き気や嘔吐を引き起こす可能性があります。

    大麻に含まれる特定の化合物(カンナビノイドとテルペンの両方)は、研究で制吐効果を示しています。
    CBDは、5-HT1Aセロトニン受容体と相互作用することで、吐き気や嘔吐を軽減することが示されています。
    しかし、(CBDのような)FAAH阻害剤を用いてアナンダミド(エンドカンナビノイドおよびCB1アゴニスト)の代謝を阻害することも、吐き気を軽減するための別の可能性のある経路であることが研究で示されています。

    大麻、抑うつ、不安感

    大麻は明らかに気分に影響を与え、多くの人がリラックスした気分になり、幸せな気分になり、多幸感さえ覚えるため、レクリエーションとして楽しんでいます。
    同時に、大麻を使用しているときに被害妄想や不安を感じる人もいるため、大麻が不安や抑うつの人にどのような影響を与えるかについて具体的な結論を出すのは難しいです。
    しかし、大麻とこれらの症状との関連性を示唆する研究があります。

    研究では、エンドカンナビノイドの活性が気分、不安や恐怖の感情、ストレスに影響を与えることが示されています。
    一部の研究者は、エンドカンナビノイドの調節障害が臨床的うつ病の根本的な原因であることを示唆するまでに至っています。
    残念ながら、大麻とうつ病に関する我々の理解はここまでであり、抗うつ薬としての大麻の支持のほとんどは、未だに患者の報告に基づくものです。

    医療用大麻の欠点

    大麻は薬として多くの可能性を秘めていますが、注意する必要があるいくつかの制限もあります。

    医療用大麻について知らないことがたくさんある

    残念なことに、過去70年以上に及ぶ禁酒令のおかげで、大麻を理解することはほとんどできませんでした。
    大麻の薬効の可能性について多くの有望な研究が行われていますが、その多くは無作為化、二重盲検、プラセボ対照臨床試験ではなく、細胞や動物を用いた実験室での研究に基づいています。
    このような大麻とその作用機序の理解不足は、間違いなく医療用大麻の最大の落とし穴の一つである。

    アクセス制限

    大麻に対する私たちの態度は変化していますが、大麻が薬として容易に入手できるようになるにはまだほど遠いのが現状です。
    医療用大麻は約30カ国でしか合法ではなく、一部の国では他の国に比べて大麻を処方することに自由度が低いです。
    例えば、米国では、医療用大麻の法律は、医療用大麻による治療の対象条件と同様に、州ごとに大きく異なります。

    それだけでなく、医療用大麻プログラムの中には、CBDのみを処方するものもあれば、CBD、THC、その他の非毒性化合物の混合物を処方するものもあります。
    さらに、現在認可されている大麻治療法の多くは、大麻の植物性カンナビノイドとは対照的に、合成カンナビノイドに由来しています。

    THCは万人向けではありません

    多くの人が単純に「ハイになる」大麻の化合物と考えていますが、THC にはその精神作用以外にも多くの作用があります。
    残念なことに、「ハイになる」ことだけがTHC のイメージになってしまっています。
    THCの効果を単純に楽しめない人もいれば、被害妄想や不安を感じる人もいます。

    同様に、緑内障のように歴史的にTHCで治療/管理されてきたいくつかの条件は、患者が毎日定期的に服用する必要があるということです。
    ただ、その条件に合わない人にとっては治療は難しいのが事実です。
    このような理由から、CBDは薬効のあるカンナビノイドの代表的な成分として注目されています。
    毒性のない性質と広く利用可能なため、研究や処方のためのより実行可能な候補となっています。

    医療用大麻の可能性と限界

    この記事で見たように、大麻とその成分の薬効が期待できる理由はたくさんあります。
    ただ残念なことに、この古代植物の薬用価値を解き明かすには、まだいくつかの障害があります。
    私たちの知識が広がり、大麻を使って体と心に利益をもたらす新しい方法が見つかることを期待しています。

    ブログの感想、種子のお問い合わせは

    ウィッカーID
    cannabisdnalabs
    *ウィッカーのダウンロード、使い方はこちら
    https://cd-labs.com/security/wickr-me/

    Twitter
    フォローお願いします
    https://twitter.com/cdl420420

    大麻栽培youtubeチャンネル
    チャンネル登録よろしくお願い致します
    https://www.youtube.com/channel/UCmvMrMJQCdY88-smrNIFpBQ

    取扱いブランド