大麻が抗うつ剤とどのように相互作用するか ?

ホーム / ブログ / CBD / 大麻が抗うつ剤とどのように相互作用するか ?

大麻が抗うつ剤とどのように相互作用するか ?

目次

    大麻と抗うつ剤は、どちらも幸せな脳の化学物質を高める働きがあり、新しい脳細胞の生成を促します。
    しかし、この2つを一緒に使うと、潜在的に危険な相互作用を引き起こす可能性があります。
    抗うつ薬の中には、大麻と混ざらないものもあれば、より相性の良いものもあります。
    これらの相互作用の詳細については、以下を参照してください。

    大麻とメンタルヘルスは、物議を醸し、時には逆説的な関係を共有している。
    大麻を吸う人の中には、気分を高揚させたり、気分を高めるために使用する人もいれば、朝ベッドから出るのを助けるために必要とする人もいる。
    他にも、大麻は被害妄想やその他の気分障害を引き起こす可能性もあります。

    大麻とうつ病に関しては、医療の世界では相反する見解がある。
    大麻がある症状の緩和に役立つと考える医師もいれば、大麻の過剰な使用はうつ病の症状を引き起こし、従来の薬物療法とは危険な相互作用があると考える医師もいます。

    大麻、うつ病、抗うつ薬の関係については、続きをお読みください。

    大麻とメンタルヘルス:複雑な関係

    大麻は、さまざまな人にさまざまな影響を与えますが、特にメンタルヘルス、精神的健康に関連している場合には、その影響は大きくなります。
    大麻の効果に精通しているほとんどの人は、大麻が気分を改善するための効果があると信頼しています。
    喫煙するだけで、ドーパミンのレベルを上げ、神経質な気持ちを抑え、体を落ち着かせることができます。

    これらの結果は、世界中の多くの人々が特定の精神的健康状態に対処するのに役立っています。
    しかし、研究では、大麻が精神衛生上の悪影響をもたらすという関連性も指摘されています。

    大麻の消費とうつ病との間に直接的な関連性を示す研究はないが、調査では非喫煙者と比較して大麻ヘビースモーカーのうつ病発症率が高いことが報告されている。

    大麻はまた、一部の個人において、基礎となる健康上の精神状態を引き起こす可能性があります。
    大麻の向精神作用は、統合失調症や精神病(重篤な精神衛生障害)の症状を引き起こす可能性があります。

    カンナビノイドのTHCが大麻の向精神作用を生み出しますが、植物には100種類以上のカンナビノイドが存在し、そのほとんどは非向精神作用を持っています。
    実際には、CBDなどの分子は、THCの効果の一部を抑制するのに役立ち、精神衛生の分野での可能性を示すことができます。

    大麻と抗うつ剤

    驚くべきことに、世界中で2億6,000万人以上の人々がうつ病に悩まされており、何百万人もの人々が症状を管理するために抗うつ薬を服用しています。
    しかし、うつ病の人は大麻を吸う可能性が高いです。
    大麻も抗うつ薬も、短期的にも長期的にも脳に深い変化をもたらし、頻繁に相互に作用します。
    この組み合わせの安全性の問題を掘り下げる前に、それぞれの薬物の効果を探ってみよう。

    大麻はどのように体に影響を与えるのか?

    大麻は、いくつかの主要な生理学的システムと相互作用します。
    その名が示すように、カンナビノイドは主にエンドカンナビノイド系(ECS)を標的としています。
    ECSは、他の多くのシステムを調整し、体が生物学的平衡、別名ホメオスタシスを維持するのを助けることによって基本的な役割を果たしています。

    ECSは、受容体、シグナル分子(エンドカンナビノイド)、そしてこれらの分子を作り出したり分解したりする酵素の3つの主要な構成要素で構成されています。
    興味深いことに、THCのようなカンナビノイドはエンドカンナビノイドと分子構造が似ているため、同じ受容体に結合することができます。

    喫煙後、THCは肺の肺胞を通って拡散し、血流に入り、脳に入る。
    ここで、分子はエンドカンナビノイド系のCB1受容体と結合し、向精神作用であるハイになる。

    この結合はまた、脳内のドーパミンレベルと神経細胞の活動を高める。
    ドーパミンは、脳の報酬系で役割を果たしており、特定の物質を摂取したり、特定の方法で行動した後に快感を感じることができます。

    気分の良い神経伝達物質が急増することで、一部のユーザーは、少なくともしばらくの間は、うつ病の症状からの緩和を感じることができるかもしれません。
    しかし、長期的に使用すると、THCはドーパミン系を鈍らせ始め、通常は化学物質を放出する他の刺激に対するドーパミン反応をブロックすることさえあります。

    神経発生仮説は、うつ病は脳内の新しいニューロンの生成の変化から生じる可能性があることを示唆しています。
    神経新生の速度は、健康で幸福な脳を支えている可能性があります。
    ストレスやトラウマなどのネガティブな出来事は、この速度を変化させ、うつ病を引き起こす可能性があります。

    エンドカンナビノイド系が神経新生を制御することや、THCやCBDなどのカンナビノイドが脳内でこのプロセスを促進することも示唆されています。

    CBDはまた、セロトニン経路を含む多くの体のシステムと相互作用します。
    セロトニンは、気分や幸福感の重要な調節因子として、私たちの気分に重要な役割を果たしています。
    CBDがセロトニン系と相互作用することで、カンナビノイドは緊張感や焦燥感を和らげることができると考えられています。

    抗うつ薬はどのように体に影響を与えるのか?

    抗うつ薬は、最終的には脳化学を変化させることでうつ病の症状を改善することを目的としています。
    うつ病には単一の原因があるわけではありませんが、依存症、感情的な人生の出来事、または遺伝的要因に伴う神経化学の変化が、絶望感、気分の低下、自尊心の低下につながることがあります。

    抗うつ薬は、気分を支配する脳内システムと相互作用して神経活動を調節するのに役立ちます。
    これらの化学物質の中には、セロトニンなどの脳内化学物質の存在を増加させたり、延長させたりしようとするものがある。
    また、大麻と同様に、抗うつ薬がうつ病の脳内の神経新生率を改善することで、うつ病の症状を改善する可能性があることも研究で示唆されています。

    ただ、抗うつ薬の長期間の使用は脳内の神経可塑性変化に関与している可能性があります。

    大麻と抗うつ薬の相互作用

    大麻と抗うつ薬の両方が症状緩和をもたらす可能性があるため、2つを一緒に服用することでさらに良い結果が得られると考えるユーザーもいるかもしれません。
    しかし、従来の薬と一緒に大麻を服用することは、間違った方法で行うと危険な副作用を引き起こす可能性があります。
    以下のリストをチェックして、どの抗うつ薬が大麻と相互作用するかを確認してください。

    抗うつ薬の種類

    以下の薬は、同じ「抗うつ薬」のカテゴリーに入るかもしれませんが、さまざまな方法で作用します。
    作用機序が異なるため、異なる薬が多かれ少なかれ危険な方法で大麻と相互作用することになります。
    以下の最も一般的な抗うつ薬を見て、大麻と一緒に服用しても安全かどうかを確認してみましょう。

    三環系

    三環系抗うつ薬は、開発された最も古い抗うつ薬の一つです。
    抗うつ薬の中でも初期のもののため、彼らは一般的に新しい薬よりも多くの副作用を生成します。
    トフラニールとスルモンティルというブランド名で知られる三環系抗うつ薬は、脳の化学反応を変化させることで作用する。
    これらの分子は、神経伝達物質であるノルエピネフリンとセロトニンの再取り込みを阻害し、最終的に脳内のレベルを高めます。

    潜在的な副作用

    三環系の一般的な副作用としては、眠気、便秘、視界のかすみ、血圧の低下などがあります。
    残念ながら、これらの薬は大麻と否定的相互作用する可能性が高い。
    2つを組み合わせることで考えられる副作用には、生命を脅かす可能性のある心拍数の増加(頻脈)が含まれています。

    選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRIs)

    選択的セロトニン再取り込み阻害薬には、プロザックなどのブランド薬がある。
    これらの薬剤は脳内のセロトニン受容体と相互作用し、ニューロンのシナプスにあるセロトニン受容体の部位に作用して、細胞がセロトニンを再吸収するのを防ぐ。
    高レベルのセロトニンはシナプスに残り、そこで気分を高める効果を発揮する。

    潜在的な副作用

    単独で服用すると、SSRIsは不安、震え、体重減少、めまいなどの副作用を引き起こす可能性がある。
    これらの薬物は、大麻との相互作用に悪影響を及ぼすリスクは中程度である。

    モノアミン酸化酵素阻害剤(MAOIs)

    モノアミン酸化酵素阻害剤は、脳内の神経伝達物質の存在を阻害することによって働きます。
    ドーパミン、セロトニン、ノルエピネフリンは、すべてモノアミン化学物質に分類されます。
    酵素モノアミン酸化酵素は、これらの分子を代謝し、分解します。
    これらの酵素の作用を阻害することで、MAOIsはシナプス内のモノアミンのレベルを高めます。

    潜在的な副作用

    MAOIsは、大豆、サラミ、ザワークラウト、チーズ、ナッツ類を含む食品と否定的に相互作用する。
    薬の一般的な副作用には、疲労、筋肉痛、不眠症、性欲減退などがあります。
    MAOIsは大麻と危険な相互作用をするので、その組み合わせは避けるべきである。

    新しい抗うつ薬(SNRIs)

    セロトニンおよびノルエピネフリン再取り込み阻害薬(SNRIs)は、過敏性や悲しみなどのうつ病の症状を治療するために使用されます。
    医師は、不安障害や神経痛の治療のために、フェッツィマやシンバルタというブランド名でこれらの薬も処方しています。
    SNRIsは、セロトニンとノルエピネフリンの両方の再取り込みを阻害することで作用します。

    潜在的な副作用

    SNRIsの副作用には、口渇や過度の発汗などがあります。
    SNRIsはほとんどの人にとって比較的安全であり、大麻との相互作用に悪影響を及ぼすリスクは中程度である。

    大麻と抗うつ薬の併用の危険因子

    大麻と抗うつ薬を組み合わせると、いくつかのリスクが生じます。
    三環系抗うつ薬やMAOIsと併用すると、大麻は最も危険な結果をもたらします。
    しかし、SSRIsなどの新しい薬を服用している間は、喫煙しても安全かもしれません。
    あなたの命を危険にさらすことのない安全な選択だと確認するために、抗うつ薬と大麻を組み合わせる前に、常に医師に相談する必要があります。
    他の要因の中でも、あなたの個人歴や家族歴に応じて、有害反応を起こすリスクは、多かれ少なかれ高くなる可能性があります。

    大麻は他のメンタルヘルス治療薬と相互作用する?

    大麻は、一般的な抗不安薬クラスのベンゾジアゼピン系(例:ザナックス)と相互作用する可能性もあります。
    2つの物質間の相互作用を示す研究はありませんが、両方とも中枢神経系の抑圧剤として作用します。
    さらに、両物質は低用量で服用すると緊張感を和らげるのに役立つかもしれませんが、高用量では被害妄想や心拍数の急上昇を引き起こす可能性があります。
    ザナックスと大麻を混ぜると、めまい、眠気、集中力の低下、言葉の乱れ、混乱などの副作用が生じることがあります。
    大麻はまた、アンビエンなどの鎮静剤を含む他の精神衛生薬と相互作用する可能性があります。

    CBDと抗うつ薬について

    CBDは抗うつ薬との相互作用のリスクが比較的高い。
    カンナビノイドには向精神作用はありませんが、脳化学や肝臓の代謝に変化をもたらします。
    CBDは、肝臓が抗うつ薬を処理する速度を遅くして、体内の抗うつ薬の濃度を上昇させる可能性があります。CBDと抗うつ薬を併用する前に、医師に相談して安全に服用してください。

    大麻と抗うつ薬を混ぜても大丈夫?

    それは、できません。
    抗うつ薬の中には、大麻との相互作用が危険なものもあれば、同時に服用しても比較的安全なものもあります。
    最終的には、大麻と抗うつ薬を併用したい場合は、医療専門家に相談してください。
    併用することで効果が高まるかもしれませんが、できるだけ安全に責任を持って服用していることを確認する必要があります。

    ブログの感想、種子のお問い合わせは

    ウィッカーID
    cannabisdnalabs
    *ウィッカーのダウンロード、使い方はこちら
    https://cd-labs.com/security/wickr-me/

    Twitter
    フォローお願いします
    https://twitter.com/cdl420420

    大麻栽培youtubeチャンネル
    チャンネル登録よろしくお願い致します
    https://www.youtube.com/channel/UCmvMrMJQCdY88-smrNIFpBQ

    取扱いブランド